2008年11月25日

TVでホムスタ

11月23日 夜、自宅にて

高尾から青山経由で帰宅後、録画しておいた東京の試合を観る。

fctokyo08112302.jpg内容は明らかに負けていたけれど、よく同点まで持ち込めたと思う。その意地の部分は評価できる。でもこの引き分けで優勝争いから脱落したのだから、残念といえば残念だ。とはいえ、この32節まではらはらできたのはよかった。あとは、ACL出場という目標に切り替え、別のはらはらができればと思う。

で、梶山。彼は判断力を成熟させる必要がある。自分でなんとかしたい、という気持ちはわかるけれど、それが完全に裏目にでてしまっている。だから、もっと球離れをよくして周囲をつかうとか、あえてオトリになるとか、ほかにもっとよいやり方はあると思う。彼の場合、今回の失点のきっかけは高い位置でのボールロストだったけれど、それ以外にも低い位置でボールをこねくり回しているうちに奪われてしまうケースも目立つし、ここの判断を改善しなければ組織が停滞してしまう。連動性、流動性が失われてしまうのだ。あと、次節の平山はベンチスタートでいいだろう。そもそも、CFは得点が期待できなければ駄目だと思う。

とにかく、新潟戦は前向きにがつんといきたい。


posted by Ken-U at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。