2008年12月06日

Derby Matchs in England +1

イングランド・プレミアリーグ 第14節

チェルシー vs アーセナル

arsenal08113006.jpgいい試合だった。隙のない両者の間でボールは破綻なくまわり続け、その様子はある種の永久機関を連想させた。というか、これは実況でもいってたけれど、この均衡、緊張が少しでも長く続けばいいと思った。しかし残念なことに、この世に永久なものなどありはしない。だからわたしの期待はいつも裏切られてしまうのだ。いや、わたしはその期待が裏切られることをずっと昔からわかっていて、しかしその裏切りの瞬間にほとばしる快感のために、それに気づかぬふりをしているだけなのかもしれない。

この試合の均衡を破ったのはファン・ペルシィだった。彼は、チェルシー守備陣のわずかな綻び、というかそもそもそんなものはどこにもなかったのかもしれないけれど、とにかく目にも留まらぬ一瞬の動きで均衡の壁を乗り越え、この時空を見事に切り裂いてみせたのだ。悦びの爆発。一方、組織を崩されたわけではないチェルシーは負けた気がしないのではないか。だからきっと悔しさが倍加しているに違いない。天国と地獄は紙一重だと思う。

***

マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド

ルーニーが決めた。ユナイテッドは強かった。それにしてもロナウドのあれはいったいなんだったのだろう。レフェリーもあれだけれど、ロナウドもなんだと思う。


*****

リーガ・エスパニョーラ 第13節

セビリア vs バルセロナ

驚いたのは強豪セビリア相手でもバルサが圧倒的に強いところで、序盤こそ強い圧力を受けペースを掴みきれてなかったけれど、時間とともに彼らは「らしさ」を発揮し、ついにセビリアを圧倒するにいたった。いまのバルサにはあの頃と別種の強さがある。

*****

これから夕食をつくり、食べながらセビリアvsバルサの後半。深夜にはアーセナルを観る予定。でもきっとその前に眠ってしまうと思う。


posted by Ken-U at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。