2009年02月04日

Premier League + Liga Espanola

イングランド・プレミアリーグ 第24節

リバプール vs チェルシー

liverpool09020102.jpg久しぶりに拮抗した試合をみた。リバプールが押し気味に試合を進めるが、対するチェルシーも意地をみせて食い下がる、みたいな展開だったと思う。しかしまあ、チェルシーにとんだ災難が降りかかったこともあって、優勢であったリバプールがそのまま寄り切ってしまうのだけれども、それにしても、いかにもな活躍をみせたフェルナンド・トーレスはさすがだなあと思った。あの切り裂く感じ。その瞬間にみせる獰猛さに痺れた。彼は英雄である。顔はあいかわらず童顔なのだけれども。

あと、シャビ・アロンソがよかった。彼は本当に渋いプレーヤーである。中盤を引き締め、ボールをうまく散らしつつ前線に供給し続けた彼の活躍も勝因のひとつだといえる。彼は、隙のないプレーを続けながら、その合間にふとアクロバティックなボールさばきをみせたりしてとてもお洒落だった。

***

アーセナル vs ウエストハム

こちらは沈滞した試合だった。だからベントナーはベンチだって。と、心の中で繰り返した。それにしてもアデバヨル、彼はどうしてしまったのだろう。なんだか普通だ。

***

イングランド・プレミアリーグ 第23節

エバートン vs アーセナル

ファン・ペルシーがぎりぎりのところでスーパー・プレーをみせた。最後の最後で爆発する歓喜もまたいいかなと思う。しかしアーセナルの崖っぷちは続く。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第21節

ラシン vs バルセロナ

ラシンはよくやったと思う。ほぼプラン通りに試合を進めることができていたのではないか。でも、バルサにはメッシがいるわけで。これはもうどうしようもないこと。ラシンは苦笑しながらあきらめるしかないのだ。

***

リーガ・エスパニョーラ 第20節

バルセロナ vs ヌマンシア

後半早々、メッシが口火を切る。あとはもうバルサのゲームである。でも、ヌマンシアはよくやったと思う。彼らはできる限りのことをした。

*****

アーセナルにあのアルシャビンが加入した。さあ、彼がどんなプレーをみせてくれるかいまから楽しみである。


posted by Ken-U at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。