2009年05月08日

CL SEMI-FINALS 天国と地獄

UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Semi-finals, 2nd leg

barcelona09050606.jpg

チェルシー vs バルセロナ

まさに天国と地獄。えらいことになった。未明、まだ暗い部屋の中で独り吠え、それだけではすまず興奮したまま眠れずに、ばたばたと出社。

イニエスタ、よくあそこで決めたと思う。後半ロスタイム、あとはおまかせしましたとばかりにスーッとメッシからバックパスがきて、足元。それをペナルティ・エリアやや外側からダイレクトで蹴り上げるのだから彼はすごい。決めれば天国、外せば地獄。運命を分ける瞬間である。脚が縮こまったり、逆に力んだりもせずに、あそこですっと蹴ることができるなんてどう考えてもやっぱりすごいのだけれども、それはきっと彼の日頃の努力の賜物なのだろう。

で、歓喜の絶頂の中、グアルディオラがもう阿呆のようにピッチサイドを駆け回っていて、その光景にも痺れた。今季、彼はよくチームを立て直した。とくに、イニエスタ、チャビ、メッシ、プジョル、ピケ、バルデス、ブスケツなど、カンテラ育ちの選手たちをよくつかって、バルサをバルサらしいバルサに再組織しながら、かつ就任1年目とは思えない最上級の結果を得ようとしているのである。

結果、グアウディオラによる再建の、あたかもその集大成の如き試合となった。とくに後半の後半、アビダル退場のあと、その穴をとくに埋めるでもなくチェルシーのベタ引きを見透かすようにバルサは前へ前へ、そしてその士気を煽るが如くピケが縦横に駆け、チャビがつくり、イニエスタが仕掛けて、そしてメッシがさあどうぞとやりまたイニエスタが出てきてズドンと絶妙なタッチのシュートで仕上げるのだ。私はその光景に興奮した。そして絶叫した。

ファイナル。バルセロナは両サイドバックのレギュラーがいないが、左はシウビーニョ、右はプジョルと予想。ベテランの渋みで両サイドをぎゅっと締めてほしい。

***

m_united09050503.jpg

アーセナル vs M.ユナイテッド

試合開始早々、ホームのアーセナルがこれからってところで出鼻をくじかれて、落胆。でも、くじいたのがあのパク・チソンとなると、だったらそれもありなのかもしれない、と不思議とゆるせてしまう。彼はアジア最高レベルの選手である。それでいて献身的で、無尽蔵なスタミナ、俊敏さをいかんなく発揮して常日頃はユナイテッドのスター選手を脇から支えているのである。だから、たまには晴れの舞台のゴールもいいんじゃないかなあと思うのだ。だって、亜細亜人が欧州の組織の中で仕事するってたいへんなことだと思うのだもの。あと、ロナウドのFKもスーパーだった。いいなあいつは、飛び道具があって。

*****

ファイナルは今季最高の組み合わせ。勝負はどちらでもよい。ガチで、火の玉のようなサッカーを繰り広げてほしい。


posted by Ken-U at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。