2009年06月23日

旅の記録 仕事編 #2

09061901.jpg

6月19日(金) 晴れ

少しゆっくりめにチェックアウト。10時過ぎから市街を歩く。で、前回も訪問した某店に出向くもすでに来客中。早めの昼食に切り替える。

で、いつもどおり迷いに迷って入った店がややハズレで、落胆しつつ某店に戻る。が、すぐにミーティングがあるからといわれ、資料だけを渡して簡単に挨拶をすます。昨年末、ここに来たときは飛び込みなのにとても丁寧な対応をしてくれ心揺れたが、今春、いざ商品をみてもらう段になって彼女の態度が豹変した。以降、ずっとこんな感じだ。忙しい、を理由に時間をとってくれないのだ。こんなことは珍しくもないのでまあいいのだけれど、そのかわりに、私は人の頼みを忙しさを理由に断らないよう努めている。会いたいと言われればできるだけ会うし、見てほしいといわれれば見る。そもそも、忙しいのは抱える用事が多すぎるからで、つまり彼女は用事を抱えるためのキャパをそれなりに持っているといえる。ってことは、たぶん、私の案件は彼女にとって用事になりえない些末な屑にすぎないのだ。忙しい、といわれることは、私には沢山の用があるがあなたの用は私の用になりえない、無価値だ、と宣告されているようなもの。実感により、言葉の理解は深まる。

09061904.jpg

ホテルで預けていた荷物を引きとり、地下鉄に乗り込む。で、特急、新幹線と乗り継いで、また駅に到着した。ロッカーに荷物を入れ、路面電車。乗ってすぐに料金を払ったら、後払いなんですけど、と苦い顔をされる。

09061905.jpg

路面電車を降りて、まずぐるりと周辺を歩く。灰の街なので、アーケード街が広い。シャッターの閉まった店も少ないような気がする。が、閉店したばかりの百貨店跡地は廃墟のまま放置されていた。閉ざされたビルはやはり墓のようにみえる。

昨年末に訪れた某店の前を通り過ぎる。今回は商談ではなく、改装した店構えを確認するのが目的だったのだ。改装後に店がどう変化したか、その様子を自分の目で確認したかっただけなのだ。

09061907.jpg

店の外観をデジカメに収め、近くのラーメン屋で軽食。その後、街中の反戦デモ、駅前の街頭演説(某宗教団体が新たに政党を立ち上げたらしい)を横目に、それから観覧車を見上げながら(前回はあっただろうか?)駅構内に上がり、さつま揚げを購入。さらに改札を通って焼酎を探すが、買うつもりだった現地限定焼酎がなんと売り切れ(!)で、やむなく別の限定酒にする。やはり湯呑も買う。

トイレで湯呑をすすぎ、ホームに上がる。列車の到着を待つ。すると、清掃のおばさんが目の前に立った。そして、列車の到着と同時に深く礼。その礼があまりに丁寧で、心揺れる。彼女と清掃の仕事の関係を思う。私にあの礼ができるだろうか、と想いめぐらす。

09061908.jpg

車内にて、揚げたてのさつま揚げと焼酎で打ち上げ。これがもう絶対にうまい。それでも皆で支えあってこの不況を乗り越えていけたら、そしてこの商売が少しでもその役に立ったら、と思いながら窓外に目をやる。闇の中、光がびゅんびゅん走り去っていった。


posted by Ken-U at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の記録 仕事編 #1

09061801.jpg

6月18日(木) 晴れ

昼前に空港着。すぐに乗り換え、市内バスセンターへ。キャリーケースをロッカーに入れ、市街に出て、食べるところを探す。が、適当な場所がみつからず、商談前でそれほど空腹ではないこともあって、結局、この前と同じお好み焼き屋にする。もちろん、ビールはつけず。

09061802.jpg

店頭で社長に挨拶。すぐに連れ出され、近くのカフェにて歓談。今季、私の商品の売れ行きはいまひとつだったけれど、この市況だからしょうがない。長い目で見ているからさらによい商品にしてほしいと励まされた。市況のこと、業界のこと、これまであったいろいろなこと。商売人は会社人と違って話が簡潔で実質的でいい。ここでかれこれ20年以上ものあいだ商売しているのだそうだ。今回、初めて彼の歳を聞いてびっくりした。60過ぎてこのバイタリティーはすごいと思う。これから20年後、私に同じことができるだろうか。というか、そのころ私はどこにいて、いったい何をしているのだろう。

挨拶を終え、急ぎ足でバスセンターにもどる。ロッカーから荷物を出し、窓口で訊ねた駅行きのバスに乗り込む。揺られながら時計をみる。予定より1時間ほどの遅れ。

新幹線に乗り、水分を補給して、いろいろなことに想いをめぐらせているうちにまた駅に到着。ロッカーの場所を駅員さんが丁寧に教えてくれる。それからトイレに立ち寄り、急ぎ足で次の取引先へ。

まず、マネージャー、店長と挨拶をする。少し会話がほぐれてから、絶妙のタイミングで商品を紹介してもらってたすかったと礼をいわれた。先日、この店の顧客に向けた受注会に私の商品も参加させてもらって、納める予定の商品のほぼすべてに予約が入ってしまったのだ。幸先のよいスタートだと思う。ただ、このままでは店頭に商品が並ばないのでそのことを口に出すと、笑顔でやんわりとかわされてしまった。欲をかきすぎてはいけない。

09061803.jpg

その後、オーナーまで挨拶に来ていただいてすっかりいい感じになり、店を出る。地に足の着いた商売人はいいな、なんて思いながら気分が少し軽くなり、それから近くの川辺にあるカフェで友人と約1年ぶりの再会。もう、わたしは新卒のOLですか、どこをどう切り詰めて生活すればいいんですか、と訴えたいが会社は常に一方的でどうしようもなく、これから身の振り方をどうするか考えただけで憂鬱になると嘆いた。彼女は僕よりもずっと高い経歴を持っているのに、いろいろあってUターン転職をして、それ以降、不運に見舞われ続けている。というか、これは不運ではないのだ。で、彼女を励まし、励まされた感じにもなって、これからも情報交換を続けましょうね、といって別れた。

で、また新幹線に乗り、駅に到着。すぐに地下鉄に乗り換えて、ホテル近くの駅に出る。あたりはすでに暗くなっており、方角を失う。が、少しふらふらしている間に取り戻して無事ホテルに到着。チェックイン。軽く荷ほどき。で、前回の反省もあって、近くの居酒屋でひとり呑む。刺身の盛り合わせ、豚ばら肉の串焼き、お新香の盛り合わせに明太子のおにぎりを二個。それに地酒を二合つけていい感じになった。合間に、店の女性二人が声をかけてくれ、最後にはわざわざ店長が挨拶に来てくれて、恐縮。俺はいったい何者なのだろう。と少し不思議に思いつつ、まあ縁を大切にするってことなんだろうなあなんて考え直して土産にしたおにぎりを手に、下のコンビニでお茶とビールを買って、ホテルに戻り、風呂。で、なかなか寝つけず、TVを眺めながらおにぎり、ビール、お茶。今田耕司と東野幸治はでずっぱりだなあなんて思いながら歯磨き。その後、ゆらゆらしているうちに意識不明。
posted by Ken-U at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。