2009年09月02日

スペイン開幕

スペインリーグが開幕した。が、残念なのは、あの中村がエスパニョールに移籍したことで、こうなってしまうと、4ゲームの放送枠のうちの3ゲームを、マドリー、バルサ、エスパニョールの3チームが占めてしまう。となると、残り1ゲームを、ヴァレンシア、セルビア、ビジャレアルで争うことになり、これではたぶんビジャレアルが不利になってしまうだろう。今季は、ビジャレアルのゲームを何回みることができるのだろう。寂しい。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第1節

バルセロナ vs スポルティング・ヒホン

barcelona09083106.jpgバルサがヒホンを圧倒した。完勝であった。要所に新メンバーが加入しているバルサはまだ本調子ではないようにみえたけれど、それでもパスが回るし、セットプレーから手堅く得点することもできていたし、開幕としては申し分のないゲームだったと思う。とくに、昨季いまひとつだったボウジャン、ケイタがよい働きをみせていて、そこにチームの底上げを感じた。これにさらに、アンリ、メッシ、イニエスタだとかいろいろと加わるのだ。えらいことになるのではないか。

で、ズラタン。まだ体が重そうだったけれど、超人的な切り返しなどを随所にみせ、予告編としては上々だったのではないかと思う。挨拶代わりのゴールも決めたし。実は、僕はこの選手をあまり好きではなかったけれど、少し前とは雰囲気が変わっていて、調べてみると、彼はバルカン系の移民二世であることがわかり、単純なのだけれども好感度が上がった。なんかこう、勝手に和解したというかなんというか。今後のズラタンに期待したい。

ただ、グジョンセンの移籍には落胆した。今季のバルセロナで残念なのは、このグジョンセンとフレブがいなくなったこと。ふたりともよい選手だったし、バルサで活躍する姿をみたかった。

***

アスレティック・ビルバオ vs エスパニョール

選挙の行方を眺めつつ、観戦しつつ。それにしても、退屈なゲームだった。蹴り合いで、ボールのおさまりどころがない。中村も消えていたし、やはりエスパニョールはデラペーニャがいないと駄目ってことなんだろうか。ただ、ゴールシーンはよかった。それに、中村が絶好の位置のFKを自分で蹴ったのもよかったと思う。譲る必要はないのだ。あと、ビルバオでは、ゴールを決めた選手と、まだ若いらしい超絶ドリブラーが印象に残った。


posted by Ken-U at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。