2009年12月31日

「Mi Mix」

HIROSHI WATANABE / 『Mi Mix』 (OCTAVE-LAB)

mi_mix_hiroshi_watanabe.jpgトータル78分に及ぶMixCD。

からりとしたアッパーなハウスではなく、かといってずぶずぶとしたダウナーでもない。もっと中間的な、霞というか、深い霧のかかった世界をゆらゆら浮遊する感じといえばいいのか、内側に潜る要素と外側に開かれていく要素が絶妙に混ぜあわされたサウンドだと思う。

聴いていると心が鎮められるけれど、ところどころでぐぐっと引き上げられるところもあり、それが心地よいマッサージ効果を生んでいる。夕暮れから夜、聴くことが多い。
posted by Ken-U at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「きりぎりす」 肥大化する自我の迷路、醜きもの、美しきもの

太宰治著 『きりぎりす』 (新潮文庫)

太宰、中期の短編集。表題作を含む十四篇。

kirigirisu.jpg先日読んだ『富嶽百景・走れメロス』(過去記事)とほぼ同時期の作品群が収められている。が、こちらの方が作品の幅が広い。たとえば、「風の便り」、「水仙」のような、肥大化する自我の迷路を巡るばかりの、ある意味で太宰らしい自虐的な描写の目立つ作品もあって、いまの自分には、どちらかというと『富嶽百景…』の方がしっくりくる。十代の頃は、たしか初期や末期の作品を好んで読んでいたように記憶しているのだけれど、加齢のせいか、好みが少し変わったようだ。

本書の中でとくに好きだったのは、「皮膚と心」。この作品も「女学生」のように、女性の口を借りながら太宰の芸術観が語られている。

だって、女には、一日一日が全部ですもの。男とちがう。死後も考えない。思索も、無い。一刻一刻の、美しさの完成だけを願って居ります。生活を、生活の感触を、溺愛いたします。女が、お茶碗や、きれいな柄の着物を愛するのは、それだけが、ほんとうの生き甲斐だからでございます。刻々の動きが、それがそのまま生きていることの目的なのです。他に、何が要りましょう。(p.115-116)

醜さと美しさの狭間で揺れ動き、七転八倒する。醜さとは、美しさとは。答えの出ぬ問いにまみれ、その渦の中でもがきながら溺死したのが太宰治という芸術家なのかもしれない。
posted by Ken-U at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドリーム・オブ・ライフ」 死の闇を乗り越え、歌う

スティーヴン・セブリング監督 『パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ』 (シアターN渋谷)

原題:『PATTI SMITH: DREAM OF LIFE』

patti_smith_dream_of_life.jpg断片化した過去の記憶が、かけらのまま繋ぎ合わされ、ひとつの映画となる。モノクロームの映像と、即興でのせたというナレーション、流れる音楽、叫び。ひたりながら、パティ・スミスの11年間に思いを馳せ、そして、これまで出会った人たち、もうこの世にいない人たちとの思い出などが脳裏を巡った。

10代の頃、ニューヨーク・パンクを追体験しているときに、パティー・スミスの歌に出会った。霊媒師の如き声、音楽を超えんとする歌。彼女の作品には近づきがたい凄みがあり、アルバムをターンテーブルにのせ、そこに針を落とすにも心構えが必要だった。そういえば、昔は、音楽を聴くことは今よりもずっと儀式的であった気がする。

過去の存在であったパティ・スミスにも、現在がある。というあたりまえのことを、この『ドリーム・オブ・ライフ』を通じて感じた。大切な人たちの死。そうした負の経験をきっかけに音楽界に復帰し、ふたたび歌い始める彼女の姿、貫かれるその真摯な姿勢に心を揺さぶられた。やはり、歌とは祈りなのだ。激しく、でもしなやかに、歌い、叫び、あるときはキャンバスに絵の具をぶつける自在な魂。その在り方に、名の有り無し、才の有り無しに関わらず大切にすべきものがこの世にはある、と思いをあらたにした。
posted by Ken-U at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

England Premier League+

arsenal09122705.jpg

イングランド・プレミアリーグ 第19節

アーセナル vs アストンヴィラ

セスク、すごい。60分前から出てきて、ゲームの在り方をがらりと変えてしまった。あのFKもすごかったけれど、二点目の劇走には痺れた。で、ディアビがとどめを刺す。彼の奏でる変則リズムには味わいがある。

***

ハル・シティ vs M.ユナイテッド

ルーニーはすごい。走れるし、パスが出せるし、ゴールも難なく決めてしまう。しかも強い。スーパーな選手である。

***

イングランド・プレミアリーグ 第15節

アーセナル vs ストーク

詳しいことは覚えていないけれど、ストークのスローインはホームではあまり恐くはない。で、フットボールの実力に勝るアーセナルが順当に勝利を得た。

***

イングランド・プレミアリーグ 第16節

リヴァプール vs アーセナル

リヴァプールが意地をみせたが、あのアルシャヴィンの超絶ターンがすべてを決めた。彼のプレーはしばしば時空を超える。

***

イングランド・プレミアリーグ 第18節

フラム vs M.ユナイテッド

よく憶えてないが、フラムが先制して、そのうちユナイテッドの緊張が切れ、そのままゲームがぐだぐだ進んでいたような気がする。ユナイテッド、怪我人続出でDFラインがつくれず、駄々漏れ。

***

アーセナル vs ハル・シティ

アーセナルがいまひとつぴりっとせず、おまけにナスリが阿呆なラフプレーをみせ、ああこのままでは負の連鎖かと思っていた矢先、なんとデニウソンがこの難局を打開した。で、後半は余裕。遺恨は残したけれど、アーセナルとしてはまずまずの出来。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第14節

バルセロナ vs エスパニョール

ダービーマッチとはいえ、実力の差が歴然。ズラタンの豪快なPKが決まり、バルサが勝利を得た。

***

クラブ・ワールドカップ final

エストゥディアンテス vs バルセロナ

エストゥディアンテスの戦術は実に巧妙で、バルサのパスワークを見事に奪ってみせた。で、おまけに先制点まで奪ってしまったのである。しかしあのゴールは素晴らしかった。正確なクロスに点で合わせるヘディングの技術の高さ、強さ。

しかしさらに素晴らしかったのはバルセロナで、エストゥディアンテスが布く粘着質の守備網を土壇場で破ってみせたのだ。え、あそこにペドロが、しかもフリーで、って驚愕して、横にいる母に、ほらねってしたり顔。で、延長戦ではメッシの魂のゴール。ずっと消えていた彼が、ここぞという場面で劇走、そしてスペインではみせたことのない泥臭いシュートを決めてみせたのだ。

予想外に濃い試合となった。なんとなく、母はエストゥディアンテスに肩入れしているようにみえた。彼らのひたむきな姿勢にうたれたのではないかと想像する。
posted by Ken-U at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

旅の記録 帰郷編、そしてラストフライト

09122001.jpg

12月18日(金) 曇り、ときどき晴れ、あるいは雪

席で、いつのまにか寝てしまっていて、気づくとうちの最寄り駅を通過してしまっている。見ると、あたりは薄暗い田園地帯。慌ててコートを着て、マフラーを巻きつけて、キャリーケースを転がしながら、出口へ。

幸運なことに、次の駅ですぐに折り返すことができた。で、目的地に到着。歩く。徒歩10分ほどの道程なのだが、途中でいきなり吹雪になり、折りたたみの傘を取りだしたり、差している間に雪まみれ。

到着。すぐに着替え、布団にからだ半分を滑り込ませて。しばらくすると叔母が訪ねてきて、実に、14年振りの再会。元気になっていて、ほっとする。かわらず、優しい人であった。よかった。で、なにも食べずに就寝。

*****

12月19日(土) ?

終日、屋内。常に半身は布団の中。昼は粥。夜、水炊きを少々。というか、それなりに食べる。深夜、母とサッカー観戦。

*****

09122002.jpg

12月20日(日) 晴れ

起床。昼食はハンバーグ。食後、土産に買ってきた栗キンツバをひとつだけ分けてもらう。で、お茶をいただき、仕度をして、あっという間に出発。駅まで歩き、今回は電車で移動、乗り換えて空港まで。空港では、ぱぱっと買い物をした。

空路。機長からフライトの挨拶、説明。話が通常より丁寧ではないかと思っていたら、「私事で恐縮ですが…」と切り出され、つまり、これが彼のラストフライトなのだという。挨拶が終わると、機内に拍手が。しんみりして、思わず目頭をおさえる初老の男性もいた。しばらくして、窓外の富士山を見下ろす。

*****

到着。キャリーケースを受け取り、モノレール、電車などを乗り継いで自宅へ。M-1を横目で眺めながら、白飯と味噌汁、それに買ってきた無添加明太子、さつま揚げ、おまけに近所で買ってきた焼酎を添える。でも、やっぱりさつま揚げは鹿児島で買う方がよいと思う。

振り返ると、あれは食あたりだったと思うけれど、いろいろな情報を集めてみると、原因はたぶん、出発前夜のあの店にあるのではないかと思われる。相当きつかったけれど、そのおかげで週末は完全休養でき、顔面神経痛も治って、まずまずの旅であったともいえる。来年の旅は、いつ、どこへ、何をしに行くことになるのだろう。まったく見通しのきかない大不況の暮れ。
posted by Ken-U at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

旅の記録 仕事編

09121701.jpg

12月17日(木) 曇り、ときどき晴れ、あるいは雪

午前、空路にて移動。昼前に着。バスに乗り換え、市内へ。昼食は牡蠣フライ。が、牡蠣がいまいち。小粒で、食感、旨味、とくにこれといった特徴が感じられず。軽く出鼻を挫かれる。

午後、取引先の近くにあるカフェにて商談。社長の話に耳を傾けるも、はなし弾まず。饒舌な社長が、なぜ?底の見えぬ不況のせいか、納める商品の力不足のせいなのか、それとも暮れの疲れ?いろいろ想いが巡り、会話の狭間に緊張する。俺も切られるのか?

社長いわく、来年は二番底かも、民主党にはマクロ経済のわかる人材がいない、甘辛ミックスが旬、など、新聞、雑誌の受け売りが目立った。

*****

急いでバスセンターに戻り、駅へ。窓口で訊き、新幹線口に行くはずのバスに乗ったのに、約束の地には向かわず、そこを素通り。あわてて降車し、キャリーケースを引きずってバス停ひとつぶんを戻り、乗車。目的地に辿り着くことの難しさを痛感する。

夕刻、到着。商談。前回よりよい待遇であった。店頭での立ち話だけではなく、オフィスに通され、コーヒーと菓子。談笑。マネージャー(オーナーの娘)が最近の若者(とくに男子)のノリの悪さを嘆く。と同時に、商品に関するアドヴァイスももらう。

商談後、友人と落ち合い、またお茶。互いの近況を交換する。彼女もたいへんそうだ。励ましたり、励まされたり、エネルギーも交換する。あと、土産も。

09121702.jpg

*****

比較的よい心持ちで、新幹線に乗り、移動。ホテルに着いたのは午後8時半ころであった。軽く荷解きをして、外出。で、居酒屋のカウンターにて夕食。牡蠣だとか、海の幸と地酒。店主(らしき若い男)がしきりに、東京の人は日本酒が好きなんですね、と言う。あと、屋台でラーメン、ついでに懐かしき豚バラの串焼きを2本。ホテルに戻り、ゆらゆらして、入浴、就寝。

*****

12月18日(金) 曇り、ときどき晴れ、あるいは雪

目覚めとともに、むかつき。二日酔いするほど酒を呑んだわけでもないのに、とベッドの中でもじもじする。やがて腹痛。トイレとベッドの往来、10時過ぎまで。

もう仕事どころではない。が、市場を見なければとうろうろ。合間に大型小売店のトイレ、あるいはカフェで休むが、座っていても辛い。横になりたい。

昼、うどん。これで胃腸の機能が回復すればと祈るが、駄目。またカフェにて休息。早めに業務を切り上げることを決意する。

ホテルでキャリーケースを受け取り、駅まで地下鉄にて移動。ホームでは立っていられず、キャリーケースに手をつきうずくまる。

09121801.jpg

駅で乗り換え、席につくと、さっそく背もたれを倒して曇天を見上げる。この旅は、よい旅だったか、それとも悪い旅だったのか。思いながら、流れる景色を眺める。意識が遠のいてゆく。
posted by Ken-U at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

週末、臨時休業

12月12日(土) 曇り?

金曜日は深夜3時半頃まで阿呆のように呑んでいたので、土曜は午後に目が覚め、遅い昼食をとって(蕎麦)、また自宅に戻り、洗濯、音楽、で、スーパーにいっていろいろと買い込んで、TVで録画していたサッカーを垂れ流しながら、夕飯の支度。メニューは国産牛のソテー・バルサミコソース。つけあわせはジャガイモとニンジンを茹でたもの。

*****

09121301.jpg

12月13日(日) 曇り

昼、いつもの洋食屋でAランチ(オムレツとポークカツの盛り合わせ、洋食屋だから豚カツとは呼ばない)をすませ、そのまま散髪に向かった。が、シャッターが閉まっている。みると、ビラが。

09121302.jpg

暮れのこんなときに、急な不幸だなんて。いったいなにがあったんだろう、なんて思いながら曇天を見あげる。

09121303.jpg

週明けは、散髪もせぬままいろいろな人たちに会わなければならない。歩きながら、曇った気分のまま、いろいろなことを想う。

帰宅後、洗濯。少し片付け。音楽。夕飯は久しぶりに鰤大根をつくり、無添加のキムチをのせた小鉢を添えた。垂れ流していたサッカーは面白くなかったけれど、料理はまずまずの出来であった。

書き留めなくてはならないことがずいぶんと溜まっている。忘れないよう、ここに書き出しておく。

*****

Mi-Mix Hiroshi Watanabe、10年1着xmusuburi、ドリーム・オブ・ライフ、きりぎりす、権現の踊り子、扉をたたく人、伊島薫、空気人形、チベット展、ファッションから名画を読む、ラグジュアリー展、レベッカ・ホルン展、tribute to the sun。

*****

このひと月で二度、阿佐ヶ谷で呑んだ。一度目は終電で帰ったけれど、二度目は朝まで。中央線沿線の魅力を垣間見る遠征となった。どちらも楽しかったけれど、さすがに朝帰りで一時間近くの移動はつらい。生きていると、いろいろなことに巡りあう。好くも、悪くも。
posted by Ken-U at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

CL Matchday 6+

UEFA CHAMPIONS LEAGUE グループリーグ 第6節

ディナモ・キエフ vs バルセロナ

barcelona09120903.jpg試合開始と同時にキエフが圧倒し、なんと先制点まで奪い取った。びっくりした。寒いし、いきなりDFラインに強い圧力をかけられて、バルサもあわあわしたのだろう。しかし体が温まってくると、バルサのプレーに熱がこもり出し、いつもの流れが戻ってきて、それでチャビの見事な同点ゴール、メッシの技ありゴールが決まり、逆転。

終わってみると、勝利したのはやはりバルセロナで、その強さが際立って感じられる試合だった。で、混戦だったこのグループも、バルサ、インテルが勝ち抜ける順当な結果に。波乱は試合開始から30分ほどで終息した。

***

オリンピアコス vs アーセナル

すでにトーナメント出場を決め、怪我人が続出しているアーセナルは、このゲームを若手の鍛錬の場とした。一方、負けられないオリンピアコスは守備的な戦術を採用する。で、ゲームは終始つまらない展開に。まあ、オリンピアコスはホームで価値抜けを決められてよかったのだろうと思う。

***

マルセイユ vs R.マドリー

マドリーの圧勝。開始早々、ロナウドの超絶FKが決まり、心が折れかけたマルセイユはどうにか踏ん張って同点に追いつき、でもまたロナウドが出てきて、ダメ押されて、万事休す。

***

ボルフスブルク vs M.ユナイテッド

観戦途中まで。

***

リヴァプール vs フィオレンティーナ

未見。

*****

イングランド・プレミアリーグ 第15節

アーセナル vs ストーク

怪我人続出で弱っているアーセナルがタフなストーク相手にどのようなプレーをみせるだろう、と興味を持ってみたけれど、予想以上によい出来だった。が、問題はやはりトップだと思う。このゲームではアルシャヴィンがその役割を果たしていたけれども、その仕事は彼の本職ではない。FW不足。とくにCFがいない。ファン・ペルシの不在がアーセナルを蝕んでいる。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第13節

デポルティボ・ラコルーニャ vs バルセロナ

いつのまにか地味で堅実なチームに変わり果てているラコルーニャ。彼らは彼らなりにベストを尽くしていたけれど、しかしバルサを相手にするには質が足りない。で、質といえばこのゲームのズラタンのシュート。あれ、簡単に決めているようにみえてしまうのだから彼はこわい。つくづく恐ろしいストライカーだと思う。
posted by Ken-U at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ハケン #3

09111801.jpg

Oさんの体調が思わしくないことを知ったのは、僕がクビを言い渡した次の週か、その翌週だったと思う。店に連絡を入れたときに、Sさんがそれを報告してくれたのだ。Sさんは、Oさんの相方である。彼女がいうには、Oさんはしばらく前から体調がすぐれないようで、立っているだけでも辛いときがあるらしく、いつだったか、この前はとうとう耐えられずに早退してまったらしい。そうSさんは責めるように言った。あれ以来、Oさんとは何度となく電話で話していたけれど、とくに変わった様子はなかった。彼女はあくまでも気丈に振舞っていた。が、それは彼女の強がりだったのかもしれない。

翌日、店に向かった。地下鉄の中ではなにも考えず、沈殿する澱を眺め続けた。そして改札を抜け、いつものように電器店の中を通り抜けつつエスカレータをのぼる。外に出てガードをくぐると、そこから歩いて十分もかからないうちに店に着いた。

中に入り、マネージャーに会釈をして、Oさんに声を掛けた。そして、ふたりでいつものように裏から地下に降りて、ミーティングの場所を確保する。そこは、売り場と倉庫をつなぐ通路にもならないくらいの狭いスペースで、いつもはそこで折りたたみ式の椅子をつかったり、それが見当たらないときは立ったままで彼女とミーティングをするのだった。このときは、立ったまま彼女の体調を訊いた。

彼女は妊娠していた。それが判ったのは数日前だという。やや脱力し、彼女におめでとうと言いながら、正直、少しほっとした。つまり、彼女の体調不良は僕のせいではなかったのだ。

とはいえ、僕が彼女のクビを切ったことに変わりはない。これでわたしの罪が消えることはないのだ。

挨拶をすませて、複雑な気持ちを抱えたまま店を出る。歩きながら、ほっとする気持ちと、それを咎めるもうひとつの気持ちと。
posted by Ken-U at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

El classic, CL +

リーガ・エスパニョーラ 第12節

バルセロナ vs R.マドリー

barcelona09112906.jpgズラタンが決めた瞬間、思わず吠えてしまった。いい歳をして、ひとり部屋の中で、「うぉー」とか、「すげー」とか、均衡の破れとともに噴き出すあの恍惚感に我を忘れ、わなわなしてしまったのである。

素晴らしかった。あれは、途中出場から五分たっていたのだろうか。決めるまでの一連の流れ、とくにクロスが出てその軌道の先にズラタンが突如あらわれ、で、間髪入れずにボレーって、それもカシージャスのあの転びっぷり、もうすべてが劇的で、私もカシージャスみたいに転がりそうになり、それをぐっと我慢しながらのけぞって、そして熱々の湯船に浸かるが如く、「うぉー」とか、「すげー」とか。

あと、ふたりのセンターバック、とくにプジョルの火の玉のような守備を久しぶりに見ることができて、燃えた。彼はまだまだ健在、やるときはやるのだ。とくにクラシコのような特別な舞台では。

濃いゲームだった。マドリーも、まあ破れたとはいえ、積極的な守備とカウンターで善戦したと思う。バルサはその積極性にあわあわする時間帯もあったけれど、しかもブスケツの退場でひとり少なくなったりもしたのだけれど、ズラタンの登場をきっかけに落ち着きをとり戻すと、いつものようにボールを回し、グルーヴ溢れるフットボールを奏でた。

*****

イングランド・プレミアリーグ 第14節

アーセナル vs チェルシー

完敗。やはり、先の開幕戦で感じたとおり、今季のチェルシーは安定していて、強い。攻撃的パスサッカーを棄て、イタリア的リアリティーに徹しているのがいいのだろう。一方のアーセナルは、ファン・ペルシを欠き、アルシャヴィンのメンタルがズタズタで、攻めはするのだけれど、最後のテリー、カルバーリョの砦を崩すには至らなかった。無念。

***

ポーツマス vs M.ユナイテッド

途中から。ルーニーはさすが。これからどこまで調子をあげるのだろう。ただ、試合の記憶はすでにおぼろ。

*****

イングランド・プレミアリーグ 第13節

M.ユナイテッド vs エバートン

ユナイテッド、圧勝。

*****

UEFA CHAMPIONS LEAGUE グループリーグ 第5節

バルセロナ vs インテル

追い込まれたバルサが強豪インテル相手にどうなるかと思ったけれど、蓋を開けてみると、バルサの圧勝。ズラタン、メッシ抜きであるにもかかわらず、彼らはいつも通り、というか、いつも以上のグルーヴをみせ、あらゆる人の心を魅了した。

***

アーセナル vs スタンダール

アーセナルが難なく勝利を得た。が、ギブスの怪我が痛い。

***

ポルト vs チェルシー

未見。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第11節

A.ビルバオ vs バルセロナ

調子の戻らないバルセロナに、ビルバオはきつい。プレーは悪くないのだけれど、ビルバオの荒いサッカーに、バルサのリズムが失われてゆく。

ケイタのゴールのときは、これでいけるかと思ったけれど、ビルバオの復讐にも凄みがあり、さすがバスクの意地、などと感心。
posted by Ken-U at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。