2010年01月31日

「ラグジュアリー:ファッションの欲望」 これからの贅沢とはなにか

『ラグジュアリー:ファッションの欲望』 (東京都現代美術館)

社会の遷り変わりとともに変化する「贅沢」のあり方について。

luxury.jpg「贅沢」という価値の移り変わりが、モードの変遷というかたちで可視化される。中世の貴族がまとったクラシックなドレスから、ブルジョアや現代の「セレブ」が好むモダンなドレスに至るまで、その贅沢の質の変化が、衣服のシルエット、ディテールの素材やかたちなどに反映されており、その変化を肉眼で辿ることができた。

おそらく、贅沢とは希少なものの過剰な消費である、とかつての貴族は考えたのだろう。当時の服飾には、異国で採られた宝石や貴金属、生地がふんだんにつかわれ、それらが特別な技術を持つ職人の手により複雑に編み込まれて、緻密できらびやかな衣服をかたちづくっている。その後、近・現代まで時代が下ると、華美な装飾より機能性を求める傾向が強くなり、身体に負担をかける過剰な装飾は削ぎ落とされ、闊達さ、安楽さが新たな贅沢の要素となる。そして今、この社会における贅沢のあり方は大きく揺らいでいる。

遷りゆく贅沢の価値。では、これからの贅沢とは何か、という問いが本展の大きなテーマだったのだと思う。最後はコム・デ・ギャルソンのアーカイヴとマルタン・マルジェラのラベルナンバー「0」(過去記事)で締めくくられていたのだけれど、私的にはやはり、さらにその先にある、たとえば『musuburiの布と10年1着』(過去記事)のような古くて新しいタイプの小さな贅沢が脳裏をよぎる。大量消費型のビジネスモデルから解脱し、究極の「一点もの」を極私的なレベルで実現する試み。たぶん、同じような営みはそれ以外にもこまごまとあるのだろう。今、彼女たちは既存の流通システムによらず、アートギャラリーなどをつかってダイレクトに消費者と繋がりを持ちながら新たな価値を興している。この動きが互いにつながりあい、新たな波となって、さらなるうねりを創造することを密かに期待している。


posted by Ken-U at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。