2010年04月05日

CL+2

UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Quarter-finals, 1st leg

arsenal10033103.jpg

アーセナル vs バルセロナ

我が目を疑った。何故なら、アーセナルがまったくと言っていいほどボールが持てず、まるで弱小クラブの如くバルサのパスワークを傍観するばかりだったからで、その予想の裏切りっぷりに茫然、つい睡魔に負けそうになった。

あれは夢だったのだろうか。でも、夢だとしたらあれは悪夢に違いない。ゲーム内容だけではなく、アルシャヴィンにはじまり、ガラス、セスクの怪我など、アーセナルに悲劇的な災難が降りかかって、とくにセスクはカンプノウでプレーすることに特別な思い入れがあったはずで、怪我の前にイエローカードを受け、2ndレグへの望みが絶たれた時のあの姿がいまも忘れられない。そのうえ、セスク、ガラスのふたりは怪我のため今季は絶望だという。アーセナル、絶体絶命。

***

バイエルン・ミュンヘン vs M.ユナイテッド

油断大敵。ルーニーのゴールでいきなり先制したユナイテッドが余裕綽々とゲームを進め、しかし最後にバイエルンの逆転を許した。ファーガソンも、この結果は予想外だったのではないか。実況でも触れていたけれど、先制後、ユナイテッドは手を抜き過ぎたと思う。チェルシー戦のこととか、いろいろ思惑はあったと思うけれど、フットボールに油断は禁物である。一方のバイエルン、久し振りにゲルマン魂をみた。

***

CSKAモスクワ vs インテル

怪我のせいなのだろう、本田の調子が悪くみえた。FKを譲る場面もあったし、ここで利き足を痛めたのはいろいろな意味で痛い。ゲームはインテルの貫録勝ち。

***

リヨン vs ボルドー

横目でみた。スコアにここまで差がつくとは思わなかった。リヨン、意地の勝利というところか。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第30節

バルセロナ vs A.ビルバオ

主力を温存しながらも、ボウジャンの活躍などによりバルサが勝利を得た。ジェフレンもチャンスを活かせたし、アーセナル戦に向けて、チームのムードがよい具合に騰がっている。

*****

イングランド・プレミアリーグ 第31節

アーセナル vs ウエストハム

振り返ってみると、CL前にこれだけ激しいゲームをこなすと、やはり怪我をしやすくなるのではないかと思う。フェルマーレンの退場以降、2ndハーフをまるまる10人でプレーしたのだから。

*****

今週のバルサ対アーセナルは、是非ともライヴでみたい。


posted by Ken-U at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「つつむ・むすぶ・おくる」 縁の重なり、結び

『折形デザイン研究所の新包結図説・展』 報告+出版記念イヴェント

「つつむ・むすぶ・おくる」 山口信博 x 石倉敏明 (LIFE CREATION SPACE OVE)

折形デザイン研究所代表・山口信博さんと芸術人類学研究所助手・石倉敏明さんのトークショー。

origata.jpg冒頭、おふたりの関係について。石倉さんがまだ学生のころ、中沢ゼミの誰かの仲介で、折形デザイン研究所の方々と『カイエ・ソバージュ 愛と経済のロゴス』(過去記事)の勉強会を開いたことがあり、それ以来のつきあいなのだそうだ。地下鉄サリン事件以降、中沢さんは世間からバッシングを受けていて、業界からも干されていたから、当時、ゼミ生はまだ肩身が狭く、そんなときに外から声を掛けてもらえて嬉しかった。などというエピソードが披露された。

山口さんはもともとグラフィック・デザイナーで、どちらかというとスイスあたりのモダンデザインが好きだということなのだけれど、しかし折形との偶然の出会いにをきっかけに和の世界に辿り着いたのだという。聞きながら、縁の不思議さについていろいろ考えてしまった。

締めは、山口さんのおじ様の挨拶。イヴェントの盛況振り、客層の若さにいたく興奮されていて、最後、展覧会を是非とも都心で開きたい、協力がほしい、と訴えられた。昔、彼は神学を学び、その後は禅を経験したり、やはり西欧と日本文化を結びつけることにたいへん興味を持たれていて、お幾つくらいなのだろう、年齢を感じさせない情熱のほとばしりに心が揺れ、同時に頬が緩んだ。

イヴェント後は、軽くお菓子とお茶。で、研究所へ移動して展示を見学した。研究所は落ち着きのある素敵な空間で、店舗でもあるので、熨斗袋など、また買い物にきて、結んだり包んだりしたい。
posted by Ken-U at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。