2010年05月29日

ハケン #4

10050502.jpg

4月某日

販売スタッフ主催の送別会が開かれた。ゲストは、僕と、僕のひと月ほど前に辞めたMさん。彼女は、その数ヶ月前に店でやらかして、店のマネージャーと僕にひどく叱られ、で、それ以降の風向きの悪さに嫌気がさして、その後、そそくさと転職を決めてしまったのだ。とくに僕に相談もなく、拍子抜けするくらいに、あっさりと。

会はそれになに盛り上がった。というか、普通の飲み会のような雰囲気。でも、Hさんと、Sさんは、僕を責め続けた。これ、どういうことですか。信じられないんですけど(苦笑)。とくにSさんは、まだ未熟な我が子を棄てるようなことをあなたはしているんです、と訴える。たしかに、Sさんの言うとおり、僕は彼女たちを見棄てようとしている。そこになにも異論はない。

高度な世界は、人間を冷酷にする。だから僕も、実の妹を見殺しにしたり、ハケンを見棄てたりしながらこの世界を生き延びようとしているのだ。皆となにも変わらない。極々普通の、平凡な、どこにでもあるありふれた人生である。

それからどのくらい時間が経っただろう、遅刻してきたMさん。でも結局、挨拶だけですぐに立ち去ってしまった。その残像を眼で追いながら、彼女と真面目に向き合ってきたこの二年半を、Mさんはいったいどう考えているのだろう。と、考えたりもするしたのだけれど、でもふと振り返ると、この場にいる彼女たちもそうした思いを僕に対して抱えているわけで、だから結局のところ、裏切り、裏切られて、呑んで呑んで、わいわいやるしかないのだろう。で、小便を垂れ流しながらすべてを忘れ去るのだ。

最後、これといった挨拶もなく、一次会のみで解散。これで四年間にわたる僕の仕事のすべてが終わった。

*****

5月某日

Hさんと二人で呑む。この町の、いい感じの居酒屋で。以前、彼女にCDを貸す約束をしていたり、呑む約束もあったので、この機会にいったん約束を果たし、区切りをつけておこうと思ったのだ。終始、彼女は上機嫌で、まあいろいろありますからねえ、なんていって、いま同棲しているの彼氏のこととか、Sさんの嫌なところだとか、他愛もない会話を楽しみ、ノリのよい店のオーナーまで巻き込んで、で、よろよろしながらもう一軒。次はワインを呑み、なにを話したかは忘れてしまったけれど、でもとにかく楽しい夜であった。

丑三つ時。タクシーに乗り込むHさんを見送り、徒歩にて帰宅。次の会はあるのだろうか。果たして、それはいつ頃になるのだろう。
posted by Ken-U at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州、終焉

barcelona10051600.jpg

リーガ・エスパニョーラ 第38節

バルセロナ vs バジャドリー

最終節。珍しく、バルサは立ち上がりからあたふたして、久し振りにヴァルデスがやっちゃったりしたものだから、いったいこの先どうなってしまうのだろう、と心配もしたのだけれど、最大の危機をプジョルが救い、そこから徐々に立ち直って、で、結果、優勝。

勝負は紙一重。つくずく、サッカーは複雑な成り立ちをした編み物だと思った。

*****

The FA Cup - final

チェルシー vs ポーツマス

決勝。チェルシー、ポーツマス相手にガタガタして、この面子を揃えてもファイナルの重圧はあるのだなあなんて思っているうちに、ドログバ。またドログバが決めたのであった。


*****

UEFA CHAMPIONS LEAGUE - final

バイエルン vs インテル

インテル、相手の特徴をうまく消して、ビッグイヤーを手にした。で、モウリーニョ、次はエル・ブランコだそう。でも本当は、彼はバルセロナが好きで、どうしてもバルサの監督になりたかったのだけれども、彼の退屈なフットボール・スタイルはバルサから受け入れられず、で、拗ねて、復讐に転じたのだ。おそらく、来季のクラシコは例年以上に激しくなるだろう。

*****

嗚呼、もうすぐW杯なのだけれども、気分が盛り上がらない。TVの買い替え、どうしようか。
posted by Ken-U at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

初の駒沢 大竹の魔術と

fctokyo_10052201.jpg

5月22日(月) 晴れ

W杯前、主力選手が引き抜かれ、その後の初戦はナビスコ杯。しかも、場所は駒沢オリンピック公園総合運動場。ビールでも飲みながら、近場でフレッシュ感のあるゲームが見られれば、と思い駒沢に足を運んだ。

開始前、さあビールでもと思いきょろきょろするも、売人の姿がない。そこでしばらく待ってみたのだけれど気配さえみえないので、しかたなく席を立ち、売店に向かった。しかしそこには長蛇の列が。その長さに愕然としながら、でもしかたがないので最後尾につき、待つことおよそ半時間。ビール一杯に半時間をかけ、それを片手によろよろ戻る途中にゲームが始まり、しかも自席がなかなかみつからず、ふらふらした挙句にようやくたどり着き、腰をかける。読書、できなかった。マフラーもつかわず仕舞い。

芝が悪いせいもあったのだろう。ゲームは退屈だったけれど、最後の最後、大竹がその沈滞した空気を一気に沸騰させてくれた。つくづく、彼には魔術師的な才能があるなあと感心する。今後のナビスコカップでも、彼のプレーをできるだけゴールに近いところでみたい。あと、公式デビューした高橋の出来もよかったので、強いCFのいるチーム相手にどれだけのことができるか、一度みてみたいと思った。

一方、梶山、平山がさえなかった。とくに梶山がミスを連発するとチーム全体のリズムが乱れるので、影響が大きい。あと、赤嶺の存在感が希薄。右の椋原はスタミナをつける必要があると思う。

*****

ゲーム終了後、徒歩にて三茶。地下鉄に乗り、渋谷で土産、新宿で友人と待ち合わせて阿佐ヶ谷まで。musuburiの展示会を訪ね、いろいろお礼をした。泥染めのストールひとつ買った。

その後、友人と代々木上原でディナー。はやりの自然派レストランで、ワインと、カツオと、ポークなどと。デザート、ハーブティーもつけて。贅沢な休日であった。
posted by Ken-U at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

味スタ 五月、晴れなのか、曇りなのだろうか

fctokyo_10051502.jpg

5月15日(土) 晴れ時々曇り

昼、食堂で自然派惣菜、玄米の定食をいただき、そのまま徒歩にて下北。電車を乗り継ぎ、味スタに向かう。

試合前、不覚にもヨンセン、小野の足技に眼を奪われた。清水の選手は、みな足元の技術がしっかりしている。一方、東京の選手の足元は少し雑なところがあり、それがとくに相手陣内のいわゆるヴァイタルエリアでミスを生み出す原因になっていたりするので、眺めながら、平山がヨンセンみたいだったらいいのになあ、なんてうらやましく思ったり。

で、ゲームは、辛くもドロー。長友、彼はのってると思う。それに同点ゴールを決めた松下の活躍もうれしい。たしかに、彼には実力がある。でもたぶん、サイドでプレーすることに慣れていないのだろう、彼にはもう少し時間が必要なのだと思う。あと、もうひとり時間が必要なのは石川...

重松、赤嶺を活かし、羽生の位置を考えてほしい、と前回ここに書いたのだけれど、結果、その通りに対応していただいて、で、難しい状況から土壇場で追いつくことができて、まずまずの気分である。でも城福監督には、素人につべこべいわれる前に柔軟な対応をしていただくことを望む。

本日、ビールは二杯。東京、リーグ再開後の活躍に期待したい。
posted by Ken-U at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

リーグ戦は佳境

barcelona10050102.jpg

リーガ・エスパニョーラ 第37節

セビージャ vs バルセロナ

開始早々にまたメッシが決め、その後、順調に追加点も入り、バルサの楽勝かと思っていたら、手負いのセビージャが意地をみせた。さすがセビージャ、でもあと一歩およばず。バルサが自陣を死守した。珍しく、最後は守り勝ち。でも、リーグ優勝は最終節におあずけ。


***

リーガ・エスパニョーラ 第35節

ビジャレアル vs バルセロナ

拮抗した試合になるかと思ってたら、メッシが決め、そこから一気にバルサペース。メッシ、くどいようだけれども恐ろしい選手だと思う。それに、その後の追加点も決め方がよかった。ボウジャン、メッシに優るとも劣らぬターンからのシュート。あと、守りでいえば、インテル戦に出られなかったプジョルの奮闘ぶり。リーグは絶対優勝してやる、という意気込みが伝わってきた。

*****

イングランド・プレミアリーグ 第37節

リバプール vs チェルシー

リバプール、いけるかと思ったけれど、やはりチェルシーは強し。今季初頭、チェルシーはバランスがよいとここに書き留めたはずだけれども、そのバランスが崩れることなく、むしろ組織としての強さが増していて、さすがアンチェロッティ、やるなあと感心した。しかしリバプール、来季はどうなってしまうのだろう。

***

ブラックバーン vs アーセナル

せっかく先制したのに、その後の失点ですべて台無し。セスク、ソングのいない中盤は厳しい。ナスリにもっとがんばってもらいたいところなのだけれども。でも、せめて三位は死守してもらいたい。次節に期待。

*****

ほかにも試合を観たかもしれないけれど、その記憶がない。
posted by Ken-U at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

味スタ、GW

fctokyo_10050501.jpg

5月5日(水) 晴れ 夏日

GW最終日、味スタ。

今年は、春をスキップしていきなり夏に突入するのだろうか。今日の味スタは、日陰の席がみつからず、いつもより少し前目に座っていたものだから逃げようがなくて、三時間ほど座席で日差しを浴び続けた。ビール、二杯呑んだ。

ゲームは、悲惨な出来。開始五分、よいかたちから生まれた決定的なチャンスを平山が外し、その後、そのミスを誰も穴埋めできず。で、無念のスコアレスドロー。

度たび客席からブーイングが湧いた。でも、それもしょうがないと思う。もっと、起用選手、戦術に幅がほしい。平山先発にこだわらなくても、赤嶺、重松をもっと活かすとか、羽生の位置であるとか、三年目の拘りはわからなくもないのだけれど、もっと柔軟性のある組織づくりに取り組んでほしい。そうでなければ、相手にも読まれるし、ファンも納得できない。硬直した組織は細るばかりで先がないと思う。

帰りは、下北から歩き。途中、気流舎でジンジャエールをいただく。

*****

例年、似たようなものだと思うけれど、今年のGWはとくに遠出せず。外で痛飲したのも一晩のみ。昼、カフェでまったり読書が二日。あと、渋谷、青山界隈を少し歩いた。

GW中、読了するつもりだった本:『虹の理論』
posted by Ken-U at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

「夢と犯罪」 貨幣の過剰、地上から引き剥がされた命運

ウディ・アレン監督 『ウディ・アレンの夢と犯罪』 (恵比寿ガーデンシネマ)

原題:『Cassandra's Dream』

男たちは賭けに出る。

cassandres_dream.jpgある兄弟が奈落の底に転落する。しかし転落といっても、彼らはそれまでとくに成功を収めていたわけではなく、兄は家業を手伝いながら投資資金を蓄える程度、弟は車の整備工場で平坦な日々をやり過ごしているにすぎなかった。そうした日常の中、つつましく暮らしていたはずの彼らが、なにがきっかけだっただろう、「カサンドラの夢」という名のクルーザーがひとつの転機になったのかもしれない。しかしその背後には賭博があり、彼らがその魔力に魅了され、翻弄されたことこそが転落のきっかけになってしまったのだ。しかも、気づくとすでにゲームは始まっており、そこから後戻りすることはできなかった。

賭博は人を日常の呪縛から引き離し、その運命を宙吊りにする。その背後には人智を超えた恐ろしい力が潜んでいて、人はその魔力にある種の畏怖の念を抱く。兄弟は、あの時、宙吊りにされた自分たちの運命を見上げながら、なにを思っただろう。恐怖と恍惚の混在する人生の転機。彼らは、身震いしながら一気に賭博の世界に近づき、その魔力に身をあずけて、この閉塞した世界から脱出を図ろうとする。

貨幣が生む過剰な欲望、そして人生の不確実性を描いているという点では、以前の『マッチポイント』(過去記事)によく似た作品だと思う。たしかに、人生は不確実性とともにあるし、とくにそこに貨幣が絡む場合、その賭博性は人間を破滅に追い込む場合がある。だから人は、こうした危険に充分に注意を払いながら生きていく必要があるのだけれど、しかし魔力は人智に優る力を持っているがゆえに、人を盲目にし、その判断力を易々と奪ってしまうのである。とくに莫大な貨幣が仮想空間を流動するこの世界において、命がけの賭博と無縁に生きていくことは可能なのだろうか。実は、誰もが転落と隣り合わせで、人殺しを強要されながら生きている。この世界の有様とはそんなものなのかもしれない。
posted by Ken-U at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

「フセイン・チャラヤン」 横断的デザイン、スタイルは混交する

『フセイン・チャラヤン- ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅』
(東京都現代美術館)

過去のアーカイヴといくつかのビデオ作品など。

hussein_chalayan00.jpgフセイン・チャラヤンというと、ロンドンを拠点とするデザイナーであり、コンセプチュアルなアプローチによる服づくりとか、幾何学的な鋭いカッティングであるとか、そうしたいかにも現代的デザイナーという印象が強く、というか実際そうした側面はあるのだけれど、しかし今回あらためて彼の作品群を眺め直してみて、そのイメージが少し変わった。

モダンな服づくりという表層の下に、西洋の洗練とは相反する、野性的な、民族的な要素が籠められている。最新のテクノロジーを媒介として、そうした異教的な要素を西洋的デザインのなかに侵入させること。それが服づくりにおけるフセイン・チャラヤンの主要なテーマなのかもしれない。おそらく、彼の横断的なデザインの背景には、キプロス島の生まれであるという彼の出自も影響しているのだと思う。私的には、とくに2007S/Sの、自律的に変態するドレスのコレクションに魅了された。服が、自ら生地を縮ませ、それを纏う女性の身体を露わにしていくのだ。そして最後のドレスは、服地がすべて頭上に収束し、無防備な美女を全裸にする。背景で鳴るトライヴァルな音楽の効果もあり、その様子がとても艶かしく感じられた。洗練された野蛮、とでもいえばいいのだろうか。

Hussein Chalayan 2007S/S (link)
posted by Ken-U at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

CL 終焉

UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Semi-finals

inter10042804.jpg

2nd leg:

バルセロナ vs インテル

元バルセロナのモッタがカンプノウに災いをもたらした。なんの因果か、彼の退場がインテル有利に働いてしまったのだ。これをきっかけに、割り切りのよいインテルは自陣に鍵をかけた。イタリアのチームが引き籠り、ゴール前を固めるとなるとさすがのバルサも辛い。実際、いくら攻め込んでも相手の陣形を崩すことができなかった。あれはたしか5,6年前になると思うけれど、同じように引き籠ったインテルをヴァレンシアが攻めあぐねたことなどを思い出し、暗い気分になった。守りに入ったときのイタリアのふてぶてしさというか。あのときも辛かったなあ。

結局、カンプノウの魔物による奇跡は起きなかった。ゲーム終了後、ピッチ上を占拠してわいわいやるモウリーニョとその部下たち。この屈辱的な支配者の如き行為に対してカンプノウは水撒きで反撃するしか方法がなかったのだけれども、そのささやかな嫌がらせが嫌がらせとして機能せず、むしろインテルに対する祝福のようにさえみえたところに敗北のやるせなさを感じた。

***

リヨン vs バイエルン

思いのほか一方的な展開となった。リヨンは、先制されて気持ちが折れてしまったのかもしれない。しかしこれも経験である。それでもフットボールは続くのだ。これを糧に、次はファイナル進出を目指してほしい。

*****

1st leg:

インテル vs バルセロナ

このスコアは受け入れがたい。バルサは、例の火山灰の影響ではるばるバス移動でこの試合に臨んだのだけれど、それが災いしたのだろうか、みな身体が重そうだった。とくにズラタンは目立たず。このゲーム、開始前に水撒きをしなかったり、フィーゴをベンチ脇に呼び寄せたり、手段を選ばず勝利を目指したモウリーニョを褒めるべきなんだろうか。彼を名将とみなすべきなのだろうか。

***

バイエルン vs リヨン

バイエルンの勢い、というかロッベンの勢いが勝敗を決定づけた。あと、気になったのはリベリの退場。彼は未成年の娼婦を買ったとかで警察沙汰を起こしているので、その影響で腹の中がもぞもぞしてつい荒っぽいプレーにでたのではないか、などと色眼鏡でいらぬ推測をしてみたり、まあ、僕にとってはそんな試合なのであった。

*****

モウリーニョ、ファンファールと、僕の嫌いな監督が率いるチームがファイナル進出を果たした。で、ファイナル、どうしようか。
posted by Ken-U at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。