2010年11月28日

味スタ 崖上のドロー

fctokyo_10112701.jpg

11月27日(土) 薄曇り、ときどき晴れ

ホーム最終戦。駆けつけねば、と思い渋谷から移動。キックオフ30分前に着席。ほぼ中央。思いのほかよい席にありつくことができた。

ゲームはいつもの通り。梶山&米本の中盤が悪いわりにはこちらのペースでゲームを進め、どうにか先制。しかし終盤にぐだぐだして同点に追いつかれた。

まだJ1残留が決まらない。来季の運命は宙吊りになったまま。この日も、すぐに二点目を決めていれば楽に勝てたゲームだったのだけれど、先制したとたんにプレーが雑になって、追加点どころか何かあわあわしてしまい、どうしてなのだろう。選手の経験不足もあるのだと思うけれど、終盤に向けた選手交代にも一因があるのではないかと思う。なぜあそこで前田なのか、とか。どうして羽生の代わりが森重なのか、など。選手交代を考える際、勝つというより、負けたくないという心理が強く働き、その消極性が終盤のぐだぐだをさらにぐだぐださせているように思える。降格を恐れ過ぎないでほしい。降格を恐れれば恐れるほど、それはむしろ近づいてくるのだ。

こんな時期に夜のゲームだったので現地でビールは抜き。帰宅し、メカジキのソテーを食べながらアーセナルのゲームをライヴでみたのだった。
posted by Ken-U at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

「Go」 声の魅力、無限

Jonsi / 『Go』 (EMI)

jonsi_go01.jpgヴォーカリストの初ソロアルバムということで、正直、あまり期待せずに聴いてみたのだけれど、これが予想を大きく裏切る出来。はじめはガチャガチャとポップな印象で、しかし音楽が進むにつれて幻想度が増していき、気づくと北欧の夜空の中。その浮遊感のまま宇宙を旅する自分がいるのだった。

声の力を感じた。その響きは摩訶不思議なもので、心に無限のエネルギーを感じさせる。Jonsiの歌声には歌を超えた声そのものの魅力があり、本作にもその響きがふんだんに籠められている。聴いていると、心がこの世から離れていく。
posted by Ken-U at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

「SHINE A LIGHT」 成熟と力

ROLLING STONES - MARTIN SCORSESE / 『SHINE A LIGHT』 (Polydor)

shine_a_light01.jpg金曜の夜、このまま帰宅するのもなんだなあ、と、何時くらいだったか、たぶん11時を少し過ぎた頃だったと思う。歩きながら、ふと思いついて近所の食堂に立ち寄った。最近できた店だ。

その店の壁で、『SHINE A LIGHT』を観た。食事も、酒もうまく、良心的な価格設定で、さらに上映中のライヴも最高。結局、食後酒に自家製のリモンチェッロをつけて、最後まで鑑賞。気分もあがり、文句のない夜となった。

老いてますます盛っている。とはいえ、ストーンズの面々もとっくに六十を過ぎているだろう。と思って調べたら、むしろ七十に近いじゃないか。そんな彼らのパフォーマンスは、むしろ若い頃よりも密度が濃く感じられ、文句のない出来ばえ。単純に格好いいと思った。今、あらためてこのサウンド・トラックを聴いてみてもやはりよい感じなのだけれど、やはり映像を眺めているときの高揚はまた格別。綽綽とギターを鳴らすキース・リチャーズやロン・ウッドの姿に、大きくなったらローリング・ストーンズみたいになりたい、と子供のような想いが湧きあがる。しかしこんな俺に、あんな歳のとりかたができるだろうか。

本作の存在自体は知っていたけれど、正直、甘くみていた。「JUMPIN' JACK FLASH」をあえて頭にもってきて、いきなりクライマックスな演出をしてるところに彼らの本気度の高さが伺える。なんかこう、突き抜け感のある、熟成された格好よさといえばいいのだろうか、人生、経験は宝。
posted by Ken-U at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

味スタ ドロー

fctokyo_10110601.jpg

11月6日(土) 秋晴れ

休日、なかなかベッドから出られず、目覚めが遅いこともあり、スタジアム着が遅くなってしまって、スタジアムで着席したのがゲーム開始15分前。

前半は東京のゲームだった。大黒のゴールは素晴らしかったし、その後もガンバのゴール前を何度も脅かした。が、攻撃が雑というか、なにかが足りないのだ。石川、平山はよかったけれど、ゴール付近でぶれる。英雄になりたい、という欲が深すぎるのではないかと思う。もっとシンプルにプレーできれば可能性が高まると思うのだけれども。

そして後半、ガンバに主導権を渡し、セットプレーから失点。で、ドロー。

課題は最後の15分、20分。そこをどう乗り切るかなのだけれど、今、序盤から力をセーブする余裕はなく、そこを守りきるというより、やはりその前に追加点が欲しい。

*****

帰り。人身事故で京王線が止まり、車中で20分ほど過ごす。復旧後、急いで帰宅し着替え、恵比寿へ。友人とビストロでディナー。ビストロとはいっても洒落たつくりでポーションもがっつり。食べて、呑んで、いろいろなことを話して、考えてみると、彼女たちとの付き合いは20代の頃から。途中、ブランクはあったりしたのだけれど、つくづく、貴重な関係だなと。
posted by Ken-U at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。