2008年07月06日

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 父なるものとの確執、両価的感情の揺れ

ポール・トーマス・アンダーソン監督 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 (アミューズCQN)

原題:『THERE WILL BE BLOOD』

油井の暗闇の中で、男は一心不乱に鶴嘴を振り下ろしている。彼は石油の採掘におのれの人生を賭けているのだ。その肌と衣服は汗と粉塵にまみれ、黒々として闇に同化してみえる。やがて、地の底から石油が湧き上がる。黒い液体が天高く噴出する。男は噴油の様を見上げる。

there_will_be_blood_00.jpgP.T.A.が原作物を撮り、新境地を開いた。という情報をどこかで目にしていたので、どんな映画に仕上がっているのだろう、と興味を持ってこの新作を鑑賞した。けれど、やはりP.T.A.はP.T.A.であったというか、むしろ本作には過去の作品との強い結びつきを感じた。

例えば、P.T.A.の長編二作目にあたる『ブギーナイツ』(過去記事)では、父と訣別したにもかかわらず、その後、自らの巨根を武器に生き延びようとする青年の姿が描かれていた。そして三作目の『マグノリア』(過去記事)では、見境なく男と寝る女、失くした拳銃を探し回る警官、ある男への叶わぬ恋に焦がれる同性愛者、男根賛美のカルト教団に君臨する男、といった、男根に強く依存する人々の生き様が絡み合う中、この世界の凝縮体であるクイズ番組から抜け出ようとする少年の姿が描かれている。この二作品に通底しているのは、男根で象徴される父的なるものへのアンビバレントな感情である。

そしてこの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の中にも同様の構図を見出すことができる。男はかつて父親との関係に問題を抱え、家を捨て去って、以来、石油の採掘に全霊を傾けてきた。この石油とは、過剰なエネルギーを持つ人間の欲望の凝縮体であり、その黒々とした液体が地の底から噴出するときにみせる姿はあたかもそそり立つ男根のようである。彼は自分の父親を憎んでいるのだが、しかし父的なるものから逃れることができずにいる。彼は父の不在を乗り越えることができないのだ。そして彼の「息子」も、彼と同じ人生を歩もうとする。

しかし、男はおのれの弱さから目を背ける。だから彼は、自分の目の前に現れるおのれの影を消し去らなければならないのだ。彼は、最後に「I finished」と言った。しかし、あのラストは終わりの始まりを描いているに過ぎない。彼の「息子」が最後にとった行動は、この物語が作品の中では完結しえないことを表わしている。だから父なき世界を生きなければならない私たちは、自身の弱さと向き合い、それを乗り越えない限り、おのれの影を消し去るために大量の血を流し続けなければならない。この『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は、およそ百年前に溯る、この流血の時代の始まりを描いた作品なのだと思う。我々は、ここで描かれた世界の延長線上を生きているのだ。いまこの瞬間も、止め処なく血は流されている。

よい映画だと感じた。観ているうちに、普段は心の奥底にしまっているはずのどろどろとしたものがとぐろを巻きながらこみ上げてくるのがわかる。偽善への怒り。憎悪。それらの感情が火柱と化した油井の姿に重なる。そして、平手で繰り返し頬を殴りつけるショット、あるいは懺悔を強いるシークエンスに心を揺さぶられる。そのうち、わたしはあの石油商人であり、神父であり、少年でもあるような気がしてくる。わたしもこの救いのない血みどろの世界を生きているのだと実感する。


この記事へのコメント
俺が代は更新しないの?
Posted by さらみ at 2008年07月06日 06:38
Ken-Uさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございました。
……とはいえ、前回いただいたTBに続いてKen-UさんのTBが
何らかの不都合が反映されないようですが、私からTBさせて
いただきます。

さて、作品自体のことなのですが、前々からKen-Uさんが
注目されているように、ことにアメリカ映画の「父の不在」と
いうテーマは、9.11などによる旧来の価値観の崩壊が多分に
影響しているのではないかと私は思っています。
『ダージリン急行』『シークレット・サンシャイン』『ぐるりのこと。』、
そしてこの作品は、それぞれ違った切り口で「父の不在」という
状況に投げ出された人々のありようを描いているとも言えるほどです。

来月に公開されるケン・ローチ監督の『この自由な世界で』も、
シングルマザーが主人公の、「父の不在」を何らかのテーマに
据えた作品のようですね。こちらも興味深い作品だと思います。
Posted by 丞相 at 2008年07月07日 22:53
丞相さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

たしかに、旧来の価値観が崩壊しつつあることの影響はあるんでしょうね。この「父の不在」というテーマが様々な切り口から描き出せるのだとすると、ここでいう「「父」には「父」、あるいは「父的ななにか」を超えるなにかしらの意味合いが含まれるのかもしれません。

ケン・ローチの新作公開ももうすぐですね。今年は見逃せない新作が多く公開されるので、職を持つ身にはたいへんです。あと、TBはやっぱりだめみたいです。これはまたの機会ということで。
Posted by Ken-U at 2008年07月08日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
Excerpt:  『欲望と言う名の黒い血が 彼を《怪物》に変えていく…。』  コチラの「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、4/26公開となった欲望にとりつかれた人間の悲喜こもごもを描いたPG-12指定のヒューマ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-07-06 07:12

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』〜血なしの怪物〜
Excerpt: 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』公式サイト 監督:ポール・トーマス・アンダーソン出演:ダニエル・デイ=ルイス ディロン・フレイジャー ポール・ダノ ケビン・J・オコナー キアラン・ハインズほか ..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2008-07-07 22:54

神頼みより安上がり
Excerpt: ポール・トーマス・アンダーソン監督作品の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を観た。 19世紀末、ゴールドラッシュに沸いたニューメキシコ州。ひとりの男が地面を掘っていた。男はひとりですべての作業をこなし..
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-12-06 17:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。