2008年11月24日

高尾

08112301.jpg

11月23日(日) 晴れ

三連休の中日は高尾山へ。これで高尾は2度目なのだけれど、単にビールを飲みにいった前回と違って、山そのものが目的である今回は、高尾山口から山頂まですべて歩いて登り切った。

片道、1時間弱くらいはかかったのだろうか。登りは序盤から続く急勾配で少し息が切れたが、20分ほどかけてそこを乗り切ると坂はやや緩やかになり、以降、わいわいとハイキング気分を満喫することができた。今回のメンバーは、僕と僕の友人、それに彼女の友人カップルとその同僚で、アメリカ人(NY)2名、アフリカ人(ケニア)1名を含む計7名のやや大所帯である。僕の友人以外の人たちとはこれが初対面、あるいは二回目とつきあいは薄い。

08112302.jpg

今回の主な目的は、いちおう紅葉見物だったのだけれども、木の葉はまだそれほど色気づいてなかった。来週末、あるいは再来週あたりが旬なのかもしれない。途中、去年みた洞窟のところにみんなと行き、洞窟に入り、銭を洗った。

08112303.jpg

山頂。到着した頃はもう日暮れ時で、やや肌寒く、甘酒がうまく感じられた。遠くを見やると西の果てには富士。やっぱり稜線がきれいだなと思った。

*****

外国人からの質問

・地蔵の頭巾や前掛けはなぜ赤いの?
・狛犬ってなに?なぜ一方の口は開いてて一方は閉じてるの?

*****

日米の会話の中で、「カクニンシテクダサイ」「チャント、チョウサシテクダサイ」などと、アメリカの男が片言の日本語でげらげら笑っている。聞くと、会議のときによくつかわれる日本語らしい。なるほど、いかにもな日本語だなあと思って一緒に笑った。

下山するときにはもう日が暮れていて、真夜中のような闇の中を歩かなければならなかった。途中、怪我をして担架で運ばれる人もいたり、やっぱり山はそれなりに危険なところなのだなあ、と再認識。でも機会があればまた登ってみたい。


posted by Ken-U at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。

高尾山って子供でも歩いて行けるのかしら?

近くに居ながら、まだ未体験ゾーン。

こっちにいる間に訪れたいなとは思ってるんだけど、、、
Posted by kazzy at 2008年11月27日 22:17
ご無沙汰してます。

高尾は子供やお年寄りの姿も目立ったよ。ケーブルカーもあるんで(シーズンは混むけど)、いろいろプランできると思います。

まだここみてるんだね。ちょっと驚きました。
Posted by Ken-U at 2008年11月29日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。