2008年12月23日

旅 #2

08122001.jpg

11月19日(金) 夜、曇り、雨の跡か?

帰宅は夜11時過ぎ。すぐに着替えて、土産を渡し、いろいろと話しをして、風呂。土産の焼酎がうまい。また話し。近所にやくざが引っ越してきたらしい。それも二軒も。気づくと深夜3時。就寝。

08122003.jpg

*****

11月20日(土) 晴れのち曇り

起床。昼食。土産のさつま揚げも少々。留守番。散歩。

08122005.jpg

駅と県庁を結ぶ中央大通りを歩く。前回(過去記事)よりさらにシャッターが目立つ。ゴーストタウン。商店が死に絶えている。県庁の脇にあるおすすめの遊歩道に入ってみるが、すでに日暮れで暗い。見通しが悪く、烏の声ばかりが響く。それでも歩き続ける。死に絶える商店と、天高くそそり立つ県庁の新庁舎。そのコントラスト。風景のすがすがしさと絶望感が入り乱れる。

08122007.jpg

中央大通りに戻る。すると、イルミネーションがゴーストタウンをきらきらと彩っている。

帰宅。すぐに夕食。少しだけ焼酎。話し。風呂。話し。母が言うには、ガンバ大阪がとてもよかったらしい。来春、スタジアムに行きたいというので鳥栖を勧める。雨が降り始める。就寝。結局、叔父の話題は出せなかった。

*****

11月21日(日) 雨

起床。昼食。話し。ネットであの焼酎を探すと約束する。徒歩。バス。空港。時間はいつもぎりぎり。

*****

仕事で地方を回り、会社人ではなく、商売人とやりとりをしてみて、得るものがあった。取り引きがすでに決まっている1件以外はアポなしの飛び込み営業だったにもかかわらず、皆よく話を聞いてくれた。で、つい調子にのって長々と話し、大型小売店の悪口を言ったり、昔話に花を咲かせたりと、ビジネスの領域を少し踏み外して触れる情のようなものも感じられ、それがあとからじんと沁みたりして、それもよかった。死ぬためではなく、生き延びるための飛び込みもある、ということなのだろう。今後は地方との取り引きに力を入れたい。


posted by Ken-U at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。