2009年01月02日

初詣 2009

09010200.jpg

今年の初詣は例年と同じく、近所の神社二ヶ所、寺社二ヶ所をまわる。天気もよく、厚着をして歩き回ると汗ばむくらいの陽気だった。

09010201.jpg

まず、駅の近くにある寺。ここには不動明王が祀られている。明治期、廃仏毀釈運動の難を逃れ、青山を経て、ここに辿り着いたそうだ。天上界と地上界の間にたなびく青い雲の色に基ずく不動尊であり、天と地の連絡をとりもつことから、いまでは「縁結びの不動」として知られているという。

09010202.jpg

次は、この街の鎮守様が祀られている神社へ。その歴史をさかのぼると平安期まで辿ることができるという。天気のせいか、今年は人が目立った。

09010203.jpg

引き返し、近所の寺へ。この裏にある小高い丘は、縄文時代から続く聖地であった。が、いまでは超高級マンションが屹立する。かつては、境内の上に広々とした空があったのに。景観破壊。しかも、分譲開始直後に株の暴落。ビルは墓である、という荒木経惟の言葉を思い起こす。墓場の上に空虚なビルが浮かんで見えるという皮肉。

09010204.jpg

その脇には聖徳太子を祀るお堂がある。ここにも参る。

09010205.jpg

それから少しだけ歩き、隣街の神社へ。ここの社殿は少し高いところにある。この神社も縄文期の聖地と繋がりを持つ。

09010206.jpg

その脇にあるお稲荷様にも参る。

*****

今年は、無病息災、商売繁盛を心の中で唱える以外はほぼ無心で手を合わせた。


posted by Ken-U at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。