2009年02月24日

Barcelona, Arsenal...

リーガ・エスパニョーラ 第24節

バルセロナ vs エスパニョール

barcelona09022104.jpgアビダルの負傷交代はともかく、ケイタの退場は受け入れ難い。が、サッカーとはそもそも受け入れ難い現実の集積体であり、理解できないこと、頭にくること、痛いこと、哀しいこと、それはもういろいろと起きるのである。だからそれはそれとして、残された選手たちであの難局をなんとかしのいでほしかったのだけれど、でもそれも叶わなかった。というか、ヴァルデスのあれが余計だったのだ。久しぶりのあれが、もうあれだったのである。

一方、エスパニョールは激しかった。めらめらと燃えていた。彼らは彼らにできることをやった。ゴール前を固めつつ相手ボールホルダーに激しく身体を投げ出した。で、デラ・ペーニャのゴールを引き寄せたのである。そして4年振りの雄叫び。狂乱。

それにしても、アビダルの怪我が痛い。これからしばらくの間は左サイドがバルサの課題となるだろう。場合によっては左SBに自重させて、アンリがのびのびプレーするための余白づくりを優先するのもひとつだと思う。


*****

イングランド・プレミアリーグ 第26週

アーセナル vs サンダーランド

また怪我なのだろうか。救世主エドゥアルドの姿はスタンドにあった。で、かわりにアルシャヴィンがリーグ・デビューを飾ったのだけれども、アーセナルの閉塞状況はあいもかわらず。やはり、セントラル・ミッドフィルダーがソング、デニウソンでは役不足なのだ。フレブ、フラミニはもうこのチームにいないので仕方がないとしても、セスク、ロシツキの不在は痛い。だからあの頃のような流動体がつくれないのだ。

しかし、ナスリはもっとできると思うし、ラムジーもチャンスさえ与えればもっとできるのではないだろうか。ヴェラは空振りしてる場合じゃない。ここは若手が踏ん張らねば。

*****

さあ今晩からチャンピオンズ・リーグだ。リヨンは厳しくくるだろう。ローマはイタリアン・リアリズムで固めてくるのではないかと思う。バルサ、アーセナルとも苦しめられるのではないか。あと、話題としてはとんでしまうけれどビジャレアルにもがんばってほしい。


posted by Ken-U at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。