2009年03月21日

England + Spain League

イングランド・プレミアリーグ 第29週

アーセナル vs ブラックバーン

arsenal09031403.jpg期待のアルシャヴィンが決めた。彼はついこのまえ加入したばかりなのに、もうアーセナルの流れに馴染んでいてさすがだと思う。とくに最初のゴールシーンの、ゴール前に走り込む彼のあの躍動に痺れた。

で、後半。アルシャヴィンの活躍がエブエに飛び火し、彼のスーパーなシュートを誘発した。アルシャヴィンの加入でもっとも刺激を受けているのがエブエだと思うけれど、ここでは彼の抱えている危機感がよい方に出た。彼以外にも、アルシャヴィンに刺激を受けている選手は多いと思う。

アルシャヴィンが与えた刺激により、アーセナルのサッカーに流動性が戻りつつある。これに欠場中のエドゥアルド、アデバヨル、セスクが加わればまたあの頃のような流動性あふれるサッカーがみられるようになるのだろう。

***

M.ユナイテッド vs リバプール

ロナウドがPKを蹴ったときに、これで試合は決まりかと思ったのだけれども、そう簡単にはいかないのがサッカーである。というか、いつのまにかリバプールが強くなっている。ボールの流れ、スピードともにレベルが高く、そのプレーの充実度には目を見張るものがある。彼らのおかげでリーグがもうしばらく盛り上がりそうだ。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第27節

アルメリア vs バルセロナ

調子を落としかけていたバルセロナがあっという間に復調した。強かった。前半はいまひとつぴりっとしなかったけれど、後半はもういけいけであった。ボウジャンも活躍できたし、リーグ終盤に向けてよい準備ができていると思う。

***

A.マドリー vs ビジャレアル

前半はビジャレアルだったけれど、ハビ・ベンタの退場以降はさすがに踏ん張れず、後半の後半はアトレティコが一方的に猛攻を仕掛けた。結果は残念だったけれど、ひさしぶりにスペイン・リーグらしい猛烈な殴り合いをみることができてよかった。選手の退場というマイナス要素を差し引いても満足度の高い試合だった。


posted by Ken-U at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。