2009年03月21日

今年初の味スタ

fc_tokyo09032103.jpg

残念なことに、今年はJリーグの開幕戦を味スタで迎えることができなかった。しかも開幕以降、FC東京は2連敗と早くも危機的状況に陥っている。が、今日は俺が行くのだから勝つに決まっている、と強い心持ちで飛田給へと向かった。

で、試合は辛くも東京の勝利。どうにか連敗を脱出したのはいいけれど、いかんせん内容が悪い。とくに中盤のパスミスが目立つのは問題だと思う。これは選手個々の技術不足もあるにはあると思うのだけれども、それより選手それぞれの位置、それに選手間の距離が悪いせいではないだろうか。選手同士が離れすぎていたり、または近くにいてもパスを受けるための位置取りができていないようにみえる。だからパスを回せば回すほど窮屈になり、相手のプレスに負けてしまうのだ。これは選手個々人で解決すべき課題ではなく、選手を組織する立場にある城福監督が手をつけるべき問題だと思う。

今日のところはこの点を平山へのハイボールで解決しようとした。が、これは根本的な解決にはならないと思う。今後はキャンプを通して未消化だった部分、とくに中盤の連携を細かく改善してほしい。あと、カボレをもっと活かしてもらいたい。他の選手たちは、彼のほしいタイミング、位置でラストパスを送るよう努めてほしい。

とはいえ、今季初勝利を飾れたのはなにより。これから一歩ずつ改善できればと思う。あと、改善のひとつの選択肢として、カボレのワントップもありかなと思う。MFをひとり増やすことで、選手間の距離の問題については多少の改善ができるのではないだろうか。


posted by Ken-U at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。