2009年03月28日

Pandit Kishan Maharaj

『Tribute To Pandit Kishan Maharaj - Live From Saptak Festival』 (Sence W.M.)

昨年五月に亡くなったインド古典音楽の巨匠、パンディット・キシャン・マハラジを悼むライヴアルバム。

pandit_kishan_maharaj.jpgタブラのソロ演奏がゆるゆると続く。といっても、そのリズムが緩慢だというわけでは決してなく、むしろタブラが生み出すビートは密に感じられる。なので、「ゆるゆる」という表現は適当ではないのかもしれないけれど、しかしそれは鬼気せまるものではなく、むしろ人の心を解きほぐすようなところがあるのでここではあえて「ゆるゆる」と表現した。拘束的ではなく、開放的というか、瞑想的なのだ。ゆるやかに流れる時の中にきめこまやかなタブラのビートが木霊している。

CD1の終盤で、ガネーシュ・パランという神々の名前をサンスクリット語で唱えたあとにタブラを打ち鳴らす儀式が挿入されている。ほのぼのとした空気の中に音楽と宗教との原始的なつながりが保存されていて、人間の暮らしと宗教を完全に切り離すことはおそらく不可能なのだろうなあ、などと空想した。


posted by Ken-U at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。