2009年03月29日

カップ戦で味スタ

fc_tokyo09032903.jpg

下北で、今回はいつものピッツァではなく、タイ料理(グリーンカレー)のランチを食べて飛田給に向かった。カレーは酸味が強く、辛かった。

で、試合は大竹のワンプレーでなんとか勝利を得た。が、やはり内容が悪い。というか悪すぎると思う。本来、パスワークを軸とした攻撃サッカーを標榜しているはずなのに、彼らは肝心の中盤は省略ぎみ、自陣からFWめがけてハイボールを放り込む極めて退屈なサッカーに終始していた。選手の技術云々もそうなのだけれども、やはりポジションが悪いのだろう。そしてなにより選手が動けていない。判断が悪いのだ。

この試合、浅利が加わったことで中盤に落ち着きがもたらされた。次の試合も浅利と羽生、そして梶山がうまく中盤を構成してくれるといいのだけれど。さらに、その前方で大竹がプレーできれば彼ももっと活きると思う。中盤の構成。これが東京の大きな課題である。

もっと興奮する試合がみたい。僕は、分析のためではなく、快感のためにスタジアムにいるのだ。


posted by Ken-U at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。