2009年04月05日

週末、花見

09040402.jpg

4月4日(土) 曇り時々晴れ、のち時々雨

昼前から花見。去年と同じ場所で、メンバーもほぼ変わらず。乾杯用のスプマンテを開け、白ワイン、赤ワイン、最後にビールをふた缶。僕はメカジキのソテーにチェリートマトに軽く火を通したソースを自作、持参したのだけれど、ほかの人たちの食事はさらに豪華で、桜より食べ物にばかり意識が向いてしまったような。でも、ふと思い出したように見上げてみると、満開の桜が綺麗だった。ここは、花見にはとてもいい場所だと思う。のどかだった。

その後、友人夫婦宅にお邪魔。赤ワイン、チーズ、パン、ピッツァ。子供たちとじゃれあったりで長居してしまい、それからお邪魔な三人で下北まで歩き、バーにて追飲。飲んで、しゃべり倒して、解散したのは夜半頃。

*****

09040501.jpg

4月5日(日) 晴れ

近くの家が瓦礫の山に成り果てている。ここにはお婆さんが住んでいたのだけれども彼女はどこへいったのだろう。ビルは墓だとアラーキーは言ったが、瓦礫も墓に違いない。

09040503.jpg

***


09040504.jpg

昼食後、そのまま目黒川まで歩く。ここも桜が満開でとても綺麗だった。なので、そのまま川沿いに歩き、代官山を抜け、渋谷に出た。書店を回り、蜂蜜を買い込んで、帰宅。夕飯はぶりの照り焼き。照り焼きは何度挑戦してもいまひとつの仕上がり。次回こそはと思う。

夕飯を準備しながら、食べながら、ベッドに寝転がりながら磐田対東京を観る。内容はあいかわらず厳しかったが勝ててなにより。

今年は波乱の年になる。と思っていたけれど、やはりそうなりそうな予感。脳裏に暗雲がたちこめている。

*****

*追記:4月10日(金) 晴れ 

会社のあと、ふたたび目黒川へ。

橋の袂でOさん(29歳:♀)と合流し、ふたりで川沿いをぶらぶら歩く。歩き出すとすぐにビオ・ワインの出店があって、僕が白、Oさんが赤を買った。どちらもとてもおいしかった。出店の主はまだ若く、独特のよい雰囲気をたずさえている。訊くと、普段はいろいろなところで弁当を売ったり、ケータリングに出向いたりしているという。とてもいい店(?)だねとふたりで盛り上がりつつ、つまみにパンをひとかけらとその店(?)のビラをもらい、また川べりをそぞろ歩いた。見上げると提灯の上は暗く、闇の中に霞む桜にはわずかの花弁が残るのみ。もうガクばっかりですねえと路上の花びらをつかみ、はらはらとさせるOさん。で、ぐるりと歩き、安いカフェでビールを飲む。やがてYさん(29歳:♀)、Kさん(24歳:♀)が到着、Kさんお薦めの店まで歩き、少し待って、その後、つけ麺、ビール、餃子。デザイナー三人におっさんがひとりで、24歳の話題がピスト、ロードバイク、週末農業、で、29歳がサバゲー、って感じで面白かった。二軒目は近くの店でまたビオ・ワイン。途中、24歳は去り、残る三人で徒歩。246でタクを拾い、また少し歩いてカフェ。サングリア、スイーツ、コーヒー。29歳によると、24歳との間にはやや世代のギャップを感じるそうだ。まだ20代じゃない、というと、もうアラサーです、と応えつつ、若い世代は婚活に熱心なんですよお、などと教えてくれた。あと、旅芸人や祖父母の死の話題など。で、気づくと深夜三時前。店を出て、徒歩にて帰宅。途中、消防車をみつける。聞くところによると、この晩、不審火が立て続けに三件ほど。木造二階建てのアパートは全焼したという。


posted by Ken-U at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。