2009年04月22日

初の国立で悪夢

fc_tokyo09041801.jpg

4月18日(土) 晴れたり曇ったり

いまさらあの試合を思い出したくもないのだけれども、いちおう観戦したので記録しておく。

この日、東京は大逆転負けを喫した。あんぐりした。前半、石川の個人技で先制点を奪ったものの、そのあとがぐだぐだと悪かった。というか、あいかわらず酷いサッカーだった。というかサッカーの体をなしていないというかなんというか...彼らは保持したボールを回すのではなく、とりあえず蹴る。で、ボールを追いかけてわいわい走り回るだけである。

この試合、せっかくワントップを採用したのにその効果がまったくみられなかったのはなぜだろう。たぶん、中盤の構成が悪いのだろう。つくづく、梶山は中途半端だなあと思った。

なにより寒い夜だった。寒かったけれど、それでも一杯だけビールを飲んだ。なので、ハーフタイムにはトイレに行った。でも要領よく動いたおかげでそれほど並ばずにすんだ。試合後は、歩いた。で、ぼうっと流れに身をまかせていたら間違って信濃町方面に出てしまい、交番で訊くと、道順はいいからとりあえずそこから電車に乗れという。でもいうことを聞かずにずんずん歩いてみたら銀杏並木。で、そのまま表参道、渋谷まで歩き、かき揚げうどんに五目御飯をつけ、たいらげ、それから地下鉄に乗り、また歩いて帰宅。シャワーを浴び、TVでサッカーをまた観て、これがサッカーなんだよなあなんて思いながら、気絶。と、突然目が覚めてみたら、ドログバ。また悪夢。


posted by Ken-U at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。