2009年05月16日

「ANTWERP FASHION 6+」 記憶、壁の崩壊、モードの夢

『ANTWERP FASHION 6+ | アントワープファッション展』

(東京オペラシティアートギャラリー)

ここでいう「6」とは、アントワープ出身のデザイナー、ダーク・ビッケンバーグ、アン・ドゥムルメステール、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク、ドリス・ヴァン・ノッテン、ダーク・ヴァン・サーヌ、マリナ・イーの6人を指す。「+」はマルタン・マルジェラと、その後にデビューを果たしたアントワープの次世代デザイナーたち。彼ら王立美術アカデミー出身のデザイナーたちを中心に、当時の作品、ショー映像、イメージフォト、メディア記事などを通して、アントワープ・デザインが当時のモード界に与えた衝撃、その後の軌跡が顧みられている。

antwerp_fashion_6+.jpgとても懐かしく感じられた。たしか、僕とアントワープ・デザインの出会いはドリス・ヴァン・ノッテンのショーだったと思う。といっても、それは自宅のTVで観たのだけれど、あれはたぶんパリで行われた彼の最初のプレゼンテーションで、こじんまりとした一軒家(二層)の中を、モデルたちが、微笑みあったり手をつないだりしながらゆるゆる歩き回るとてもユニークな形態のショーであった。服の色は、生成りや白などのナチュラルなトーン。モデルは男の子も女の子もいて、彼らのまとう服のゆるみ、浮かべる笑み、つながれた手の温かみが折り重なりながら、心地のよいなごやかな空気をその場に醸していた。それは80年代に主流であった構築的で攻撃的ともいえる造形、たとえばティエリー・ミュグレーやクロード・モンタナなどとは明らかに異なるスタイルで、僕はその過激な穏やかさの中に新しい時代の到来を見出し、すっかり魅了されたのだった。

この回顧展でそのショー映像を観ることはできなかったけれど、かわりにマルタン・マルジェラのショー、パリ郊外にある貧民区のガレージで行われた彼のパリ・デビューコレクションの映像を観ることができた。そこでは、現地に住むアフリカ系の子供たちがはしゃぎまわる中、服のような、あるいは服ではないような得体の知れない生地を身にまとったモデルたちが闊歩していた。また、この映像の脇には当時の取材記事(Details, March 1990)の引用が据えられていて、その文章を読み当時のことを思い出してさらに熱くなった。

『今から考えれば、場所の選択―移民の住む荒れ果てたパリのゲットー―と脱構築主義者であるマルジェラのデザインにおける衝撃は、東欧の政治的、社会的秩序の崩壊と共鳴しているかのようだった。10月のあの夜、崩れかけた壁に腰をかけていたショーの目撃者たちは、11月に崩壊する「壁」の上で踊る歓喜に満ちたベルリン市民を不気味にも先取りしていたといえよう』(カタログp.120)

90年代初頭に湧き起こったアントワープ・ファッションの衝撃。その影響は計り知れず、いま振り返ると、これら「6+」のデザイナーたちが生み出すグルーヴが、僕の人生の一部を狂わせたということもできる。ただ、ラフ・シモンズが企業と契約して素顔をさらしたり、マルジェラが第一線から事実上退いたことからもわかるように、いまやアントワープ・ファッションは成熟し、洗練され、その力は細っているようにみえる。ユニクロ、H&M、ZARAなどの台頭に代表されるファッションの均質化、平板化の波に流されず、特異点として踏みとどまる新しいデザインは可能なのか。夜、寝る前になんとなく本展のカタログをめくり、高揚し、寝つけない夜が頻発。


posted by Ken-U at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。