2009年05月30日

CL FINAL ファイナルの魔力、歓喜の爆発

barcelona09052722.jpg

UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Final

FCバルセロナ vs マンチェスター・ユナイテッド (ライヴ観戦)

勝負は紙一重。試合開始と同時にまずユナイテッドがバルサを圧倒して、ドリブル突破を試みたロナウドが絶妙の位置でFKを得た。が、ヴァルデスがぎりぎりのところで抑える。眉間に皺をよせるロナウド。その後もユナイテッドの優勢は続いたのだけれど、しかしそれも前半10分まで。その時、エトオがその超人的能力を爆発させてこの危機的状況を逆転させたのだ。ペナルティ・エリア右の深いエリアでボールを持った彼は、時空をまたぐ切り返しでユナイテッドDF陣を切り裂き、さらにあのファン・デル・サールのニアを破って先制ゴールを突き刺した。歓喜の爆発。乱舞するバルサ、消沈するユナイテッド。ここですべてが逆転して、それまで渾然一体であった選手たちを光と闇、天国と地獄に分け隔てたのである。

その後は一方的なバルサのゲームとなった。彼らは圧倒的にボールを保持し、それをくるくる回して赤い悪魔たちを翻弄し続けたのだ。そして後半25分にメッシがとどめを刺し、ユナイテッドの息の根をとめた。

注目したバルサ両SBは、予想どおりシウビーニョとプジョルの先発であった。しかも、彼らは縦に突破することを自重し、ボールがまわるとそれを一旦とめて、内側のCBかMF、とくにチャビかイニエスタに預けてその後の守りに備えるのだった。これはたぶん、ユナイテッドの両サイド、とくにロナウドの突破を警戒したチーム戦術だったのだと思う。結果、僕の希望通りに、ベテランがバルサの両サイドをきゅっと締めてくれたのである。とくに後半、ロナウドを徹底的に殺したプジョルの執念は素晴らしいと感じた。

結果はバルサの完勝だったけれど、でも勝負は紙一重だったと思う。もしあのときロナウドが決めていれば、あるいはほかの誰かがエトオみたいに強引なゴールを決めていれば、おそらくユナイテッドの命運はこれとは全く異なる軌跡を描いていただろう。でも、彼らにそれはできなかった。ここにファイナル特有の磁場を感じる。その磁場はロナウドの脚の神経を冒し、彼を含むユナイテッドの選手たちの神経、及び判断力を微妙に狂わせたのだ。その一方で、エトオ、メッシはその磁場をおのれの力に替え、前半10分、後半25分に炸裂したあの決定的なゴールに結びつけた。

バルセロナは最後までバルセロナらしくプレーし続け、結果、ビッグイヤーを得た。今季のCLは、最もよいプレーをしたチームが優勝するという意外に珍しい結果で幕を閉じた。翌日、先日のパリ出張で知り合ったバルセロナの会社の人に祝福のメールを送り、すぐに返事を受け取る。今、彼女たちはバルサとともにVery Happyなのだそうだ。


posted by Ken-U at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。