2009年06月26日

旅の記録 帰郷編

09062010.jpg

6月19日(金) 夜

半年ぶりの帰郷。到着は夜10時過ぎ。着替え、土産を渡し、少しぬるい蕎麦をいただいて、入浴。風呂は心地がよい。その後、畳の上にだらしなく寝転がったまま、雑談。就寝は深夜3時を少しまわったころ。

*****

6月20日(土) 曇り

寝坊したかったけれど、10時頃には目覚める。が、それから小一時間は寝たふり。

その後、昼食。で、また畳の上にだらしなく転がって、雑談。その間、たびたび冷えた麦茶をいただく。ひとしきりうだうだしたのちに、恒例の散歩。

09062002.jpg

まず通りに出て、横断し、山ちゃんちの跡地を眺める。狭い。確かに、山ちゃんのうちは狭かったと思い返す。当時、山ちゃんちの一階と二階は梯子でつながれていたのだった。

駅と県庁を結ぶ中央大通りに出て、右折。シャッターが目立つ。閉店した店が一段と増えているような気がする。さらに閉店セール中の店もあり。

09062004.jpg

さらに歩き、アーケード街へ。このアーケードの一部が取り壊されるというので、この日はその様子を見に来たのだ。アーケードを運営していた団体が経営破綻したことをきっかけに、老朽化の進んだこのアーケードを解体することにしたという。下にはなぜか赤い絨毯(?)が敷かれていた。レッドカーペットの上を歩きながら、かつてはここが繁華街と呼ばれていたことを思い起こす。

09062005.jpg

アーケードなきアーケード街を抜け、神社の境内に入る。手入れが行き届いた綺麗な神社だ。子供のころ、ここでよく鳩に餌をあげた。が、いまはいない。境内が綺麗になって、鳩が消えた。境内の裏にあるストリップ小屋も潰れたまま放置されていた。

09062008.jpg

県庁前の国道に出る。堀端を歩きながら、庁舎を見上げる。廃墟となりつつある旧市街地とそそりたつ県庁のコントラスト。で、去年できたという堀端の遊歩道を歩く。歩道は手入れが行き届いていて綺麗だった。

09062009.jpg

駅に隣接するバスセンターで時刻表を確認して、近くのスーパーでビールを買いこんで、帰宅。町内会の会合かなにかがある関係で、すぐに夕食。

09062000.jpg

食後、畳の上にごろり。ひとりでぼうっとTVを眺める。すると、背後から女の声が。目を向けると妹。こんな間抜けな格好で妹と再会するとは。久しぶり、と言葉をかわしてそのままTVを見やる。妹もTVをみている。

夜、風呂。妹は10時すぎに帰る。その後、焼酎と雑談。就寝はまた深夜3時ころになった。

*****

6月21日(日) 雨時々曇り

昼前に起きて、支度。そして昼食。ここでやっと土産のさつま揚げがでてくる。妹は、具が口に合わないとそれを母の皿の上に置いてしまう。もったいない。食後、塩きんつばが仕舞われたままであることを思い出したが、ま、いいか、と思い直して出発。出掛けに、明日からの仕事はちゃんとするように、みたいなことを言うと、ハイ、と返した。珍しく声に張りがあった。

バスで空港まで。空港ではなにも買わず、安いカフェみたいなところで生ビール(小ジョッキ)を呑み、そのまま移動。途中、友人宅にさつま揚げを届け、帰宅。外で軽く食事、荷ほどき、シャワー。うだうだとした後、想いに耽りつつ持ち帰った焼酎を呑んで、また呑んで、さらに呑みながら、就寝。


posted by Ken-U at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。