2009年06月28日

二度目の国立は勝利、石川に感謝

fc_tokyo09062701.jpg

6月27日(土) 晴れ

仕事を終え、外苑前にて途中下車。19時半頃、徒歩にて競技場に到着した。一階の自由席はすでに満席だというので二階席へと向かう。疲れている体にあの階段は少しつらい。

東京は、前半こそボールをうまく回してよいリズムをつくっていたけれど、後半はいまいち。逆に、清水がチャンスをつくっていた。東京はリードしてからの試合の進め方にまだ甘さがあると思う。というか、カボレがあの一対一を決めて2点差にしていればもっと楽な試合運びができていたはずだ。

清水のサッカーは変化しているのかもしれない。以前は、堅守、速攻という印象が強かったけれど、この試合では、中盤でボールを保持しながら両サイドに振り、トップのヨンセン、原に合わせるというアプローチで、中盤の展開力では東京に及ばないけれど、効率の面では東京を上回るサッカーをみせたいた。だから、最後の最後まで結末がみえなかった。

が、その拮抗も石川がみせたあのシュートの背景にすぎなかったのだと思える。石川、すごいなあれは。ゴール前、彼がダイレクトで右足アウトにかけると、ボールは綺麗な弧を描きながらゴール左上隅ぎりぎりのところに吸い込まれていくのだった。直後、競技場は歓喜の渦。同点にされたときは千葉戦の悪夢が脳裏に甦ったりもしたのだけれど、その暗いイメージを石川が吹き飛ばしてくれたのだ。石川様様である。

夏の暑さの中、東京は目指すサッカーを90分間維持することがこれまで以上に困難になるだろう。とすると、この試合のように、後半、チームが省エネ指向になるのも仕方がないのかもしれない。なんてことを考えながら地下鉄で移動。帰宅前に近所の蕎麦屋に立ち寄り、カウンターでゆるりとしてうまいものを食べながら疲れを癒した。日本酒がとてもおいしかった。


posted by Ken-U at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。