2009年07月13日

熱気の味スタ

fc_tokyo09071201.jpg

7月12日(日) 晴れ時々曇り

ここ最近、石川が神がかっている。今日もそうだった。開始三分、前線でボールを持った彼は、そのまま相手ディフェンダーを引きずるようにドリブルを仕掛け、強引に右足を振り抜き、あっという間にゴールを決めてしまった。驚愕のゴールシーンであった。思えば、今季、彼がみせたゴールはどれもスーパーであった。もちろんゴール自体も素晴らしかったのだけれど、そのうえ、先制、勝ち越し、といった勝負を左右する貴重なゴールばかりだった。今日も、彼は価値ある先制ゴールを決めた。

ただ、好調なのは石川だけではない。彼自身が言うように、いまはチーム全体がよい状態にある。いまでは、春先のあの不調はいったいなんだったんだろう、と思えるほど質のよいサッカーをしている。当時、懸念していた選手間の距離の問題はもちろんのこと、ボールのないところでの動き、パスを受けるための動きも改善されている。なにより、選手が自信を持って活発にプレーしているところがよい。これもトレーニングの積み重ねによる賜物なのだろう。城福監督の手腕に敬服する。

とはいえ、まだ中盤で行方の曖昧なパスが目立つ。ここはもっと精度を高め、ボールを大切にしてほしい。あと、後半出場した田邉、彼のプレーをもう少し長い時間みてみたい。足元の技術に優れ、スピードもある。中盤でよいアクセントがつくれると思う。

今日は客入りもよかったけれど、それ以上に熱気が感じられた。これも連勝の効果なのだろう。石川が言うように、今日に限らず、この夏、熱く痺れるゲームが観られることを期待したい。僕もできるだけスタジアムに足を運ぼうと思う。


posted by Ken-U at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。