2009年09月22日

帰国

09091501.jpg

昨日、帰国。

*****

9月14日(月) 晴れ

いつもより少し早めに起床し、仕度。地下鉄、バスを乗り継いで空港へと向かう。が、なぜか気分はいまひとつ。数件のメール。うまくない蕎麦。出国。搭乗。今回は日航の直行便をつかう。機内で新聞を広げると、一面に日航資本提携の記事が。で、機内食も下落。

夕刻、空港着。タクシーにて市内のホテルへ。チェックイン。軽く荷解き。散歩がてら食事する場所を探すが、気分がやや抑鬱ぎみなせいかどこにも入る気がせず。結局、ホテルのさえないレストランでリゾット。味はまずまず。しかし赤のグラスワインは水のよう。で、部屋に戻り、入浴。その後、少しだらだらしてから就寝。

*****

09091502.jpg

9月15日(火) 雨

この日はリサーチと称して市内を歩き回る。が、あいにくの雨で足元はずぶ濡れ。でも歩き続ける。しかしこれといって面白いものもみつからず、おまけに取引先から携帯にたびたび連絡が入ったりで、しばしば立ち往生。ふたつの手で、傘と、バッグと、携帯と。

09091503.jpg

ランチは水辺のピッツェリアで。その後、地下鉄にて移動。例のバールで白ワインをいただく。バールと太宰治のコントラスト。この店、仕組みがやはり面白くて、最初にカウンターで「ヴィーノ・ビアンコ」っていうと手際よくそれがでてきて、グラスを手にとりそのまま好きな場所でそれをいただくのだけれど、その間、金銭、伝票類のやりとりが無い。で、帰り際に会計用のカウンターにおもむき、「ヴィーノ・ビアンコ」って言って会計を済ますのだけれども、これもあくまで自己申告で、この曖昧さが心地よい。ワインも美味。でも、グラスで去年の5ユーロから7ユーロに。

夕食はいつものところで。スパゲティ・ポモドーロとズッキーニをソテーしてオイルまみれにたやつをいただく。味はまずまず。赤ワインはグラスで。これもまずまず。

*****

9月16日(水) 雨のち曇り

朝、まずブースで皆に挨拶。こちらでは、皆が普通に挨拶するので気分がよい。現地語も上達していると褒めてもらえた。まだ挨拶だけなのだけれど。午前はPCをつかって準備作業。軽食後、ゆらゆら。プロセッコで乾杯。

09091601.jpg

三時過ぎ、会場を後にして別会場へ。古い邸宅をつかったスペシャル・プレゼンテーションなのだが、効果はいまひとつ。しばらくそこに留まり、社長に挨拶して退散。

会社から来ているほかの人たちと、例のフリーランスと合流して夕食。会社の人といると、リストランテが居酒屋のように感じられる。晩、寝付けず。

*****

9月17日(木) 雨のち曇り

終日、ブース内、その周辺の会場内ですごす。午前はひま。午後に二件の業務。で、あっという間に夕刻、挨拶をして、退散。その間、うまいプロセッコを二杯。

退散時、フリーランス合流。そのまま夕食に誘われ、フリットとパスタ。その後、ジェラート。で、食事中にフリーランスから意表を突く提案を受ける。ただ、その内容は驚嘆するものではなく、これまで自分で夢想していたものと同じであり、それを彼の提案というかたちで受けたことに意表を突かれてしまった。思惑の交差。ピンチはチャンス。チャンスはピンチ。

*****

09091901.jpg

9月18日(金) 晴れ

じつは、昔の取引先がこの展示会に復帰していた。社長自らがオーダーをとり、シートに書き込んでいて、その姿が強く印象に残る。あと、10年ほど前まで属していた会社の社長夫妻と出くわす。因縁。この日は終日ひま。ひま疲れ。

夕刻、そろそろ退散しようかなあなんて思っているところに、表彰のニュースが。で、皆で受賞を祝う打ち上げが始まる。その間、プロセッコを三杯。昼間はエミリオにそそのかされて二杯。計五杯。エミリオは、プロセッコを呑みたいときに必ず僕を道連れにする。僕が断らないことをもう見抜いているのだ。つくづく駄目な男である。

夕食はホテル近くのピッツェリアで軽く。夜間、部屋で業務。

*****

9月19日(土) 曇り

業務最終日。午前まとめ。午後、書類を渡して軽くミーティング。その間、プロセッコを四杯。

夕刻、またフリーランスが合流して、夕食に誘われ、食べて、呑んで、また例の提案について話す。肉屋で肉とドイツビール。どちらも美味。フリーランスもたいへんなご時世なのだと思われる。さて、どうしようか。

*****

9月20日(日) 晴れ

荷造り、朝食、チェックアウト。タクシーにて空港まで向かう。道中、いつのまにか気分が晴れている自分に気づく。運転手が親日家らしく、会話するときの声もやや弾んでいるように感じられる。この仕事に携わってもう三年目なのだけれど、取引先と確かな信頼関係を築けてなによりそれが嬉しい。ある時を境に、フリーランスの態度も豹変した。仕事の質、姿勢がなにより大切なのだとこの三年で確信した。忌野清志郎。遠い遠い国だけれども、自分の仕事を必要としてくれる人たちがここにいるのだ。

ヒースローにて乗り継ぎ。で、空港内のパブ的な店でサッカーをタダ見。なんと、マンチェスター・ダービーを中継していたのだ。僕以外にも、多数の馬鹿がなにも注文せず店内で立ち見している。が、店員もそれをあたりまえのことのように受け入れていて、これはよい姿勢だと感心した。で、さすが本場、シュートがわずかに外れるときのリアクションはまるでスタジアムのよう。場がじわじわ盛り上がってゆく。ユナイテッド、シティ、それぞれ一度ずつゴールシーンをみたけれど、シティの方が盛り上がった。うなだれるリオの姿にまた盛り上がったり。ここで僕はビールを注文。しかしその直後にユナイテッドが勝ち越し、場が「ちぇっ」って感じになってすぐに試合が終わり、人がぞろぞろと店から出てゆく。しかし、ビールは美味であった。

搭乗。爆睡。入国。メール。帰宅。荷解き。洗濯。近くの蕎麦屋で秋茄子と新生姜の揚げ出し、穴子天せいろ、日本酒を二杯いただく。せいろはおかわりを一枚。で、いつもと同じ分量であった。

*****

機内で観た映画: 「ハゲタカ」、「俺達に明日は無い」

「俺達…」は途中で切られる。「ハゲタカ」は本が練られていて面白いと思えるけれど、画が寂しく、展開も忙しいのであくまでもTVドラマ向けだと思う。

読了本: 「汚穢と禁忌」


posted by Ken-U at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。