2010年01月09日

「扉をたたく人」 合理が生む不合理、分断への怒り

トーマス・マッカーシー監督 『扉をたたく人』 (下高井戸シネマ)

原題:『the Visitor』

歳をとり、妻に先立たれて、殻に閉じ籠もるように日々をやり過ごしていた男が、思わぬ出会いをきっかけに心を開き、殻から足を踏み出す。

the_visitor00.jpg過去の講義資料を使いまわすために、大学教授である男が書類の日付を修正液で塗り消すショットであるとか、細部の描写にそつがなく、又、それぞれの俳優も味わい深い演技をしていて、配役も絶妙で、役者とその演技を軸とした、地味だけれども繊細に作り込まれた良作だと思った。

ジャンベに限らず、太鼓の音が好きだ。だから、男がジャンベの音に魅了され、心を開き、その響きに導かれるようにこの世界と繋がり直すという話の筋には素直に魅力を感じた。たしかに、グルーヴは人の心を繋ぐ。がしかし、忘れてならないのは、高度な世界はグルーヴなるものを必要とはしないという残酷な事実で、だから男は大切な友人たちとの繋がりを断ち切られてしまうのだ。彼にはそこに不合理を感じ、憤る。が、高度な世界にしてみれば、それは合理性追求の結果に過ぎない。だからこの世界は、この場合、不法移民収容施設の係員を窓口として、その冷酷な現実を彼に伝えるのだ。

この世は捻じれ、歪んでいる。そしてその歪みはしばしば罪なき人の足をすくい、疎外し、あるいは人と人との繋がりを断ち切ってしまうのだ。あの施設の街は殺伐としていた。係員はアフリカ系ばかりだった。ふと、ヒースロー空港のセキュリティ・チェックの係員が中東系とアフリカ系ばかりだったことを思い出した。理由はよくわからないけれど、きっとその方が合理的なのだろう。この世の正義である合理性の追求。その正義が生み出す不合理に直面すると腹立たしくなり、無性にジャンベを叩きたくなってしまうのだけれども、彼は、あのあとジャンベをどうしたのだろう。それでもジャンベと、それを通じて出会った人々の記憶は彼の人生を豊かなものにするに違いない。
posted by Ken-U at 23:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ken-Uさん、コメントありがとうございました。
高度な世界においては、個人というものは存在しないに等しいのですね。
しかし、そもそも「世界」を形作っているのは「個人」であるという、この矛盾・・・。
こういう地味な映画がアメリカで製作され、評価されたというところに希望を感じました。

コメントはご無沙汰しておりましたが、心の中ではいつもエールを送っています。
今年も健康で、日々穏やかでありますように。。
Posted by 真紅 at 2010年01月10日 23:09
真紅さん、コメントありがとうございます。

豊かな世界と移民、そしてテロリズムの関係は複雑で、これらが絡まり合いながら様々な物語を生み出しています。この作品の背景にも911がある。あの悲劇をきっかけに移民に対する規制が厳しくなったことが彼らの繋がりを分断する要因となっているのですから。

国家や、あるいは身近なところでは会社と個人との関係、そして格差の問題には感じることが多々あります。真紅さんのおっしゃるとおり、こうした地味ながらよい作品がアメリカで製作され、評価されたという事実には希望を感じます。というか、なんかアメリカらしいなあと思います。一方、日本の現状を考えると、これがいいのか悪いのか、複雑な心境です。

まあ、いろいろたいへんですけど、今年もよい年になるといいですね。
Posted by Ken-U at 2010年01月11日 00:53
素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
Posted by 鳥取と焼き鳥の出会い at 2010年01月13日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137858777

この記事へのトラックバック

移民の街、非寛容な国〜『扉をたたく人』
Excerpt:   THE VISITOR  コネティカットに住む大学教授のウォルター(リチャード・ジェンキンス)は、 所有するニューヨークのアパートに不法...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2010-01-10 23:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。