2010年02月07日

ふゆまつり

『くくのちふゆまつり』 (四谷ひろば講堂)

kukunochi.jpg現地に着いたのが午後三時過ぎ。ステージでは密やかに市が開かれ、その前ではエチオピアの記録映像が上映されていたと思う。

寒さをこらえながら会場をひと回りして、個人的にお会いしたかったwatarigarasu、気流舎のそれぞれと挨拶することができて、それだけでも収穫だった。watarigarasとの出会いは昨春の目黒川沿いで、桜を見にいった夜、彼の出店でワインを飲んで、その佇まいが印象的だったのでビラをもらい、その後も彼のウェブサイトをチェックしたりしながら、周囲に宣伝しながら、そしてこのふゆまつりに参加することが判明して驚き、不思議な縁を感じたのだ。気流舎は、ブログを初めて間もない頃に彼のブログを発見し、その頃はまだ店ができてなかったのだけれど、コメントをやりとりしたり、そして店ができて、でも店に入るきっかけがみつからず、そうしてふゆまつりで初対面できて、これも感慨深い。なんか、いろいろと繋がるものなのだなあ、と思う。

ほかにも、ソラノネ食堂のことを知ったり、米を買ったり、それになにより南山座の舞踏。踊りの中から映像の如きものが立ち上がり、なにか映画的というか、いや、どちらかというとやはり詩的というべきなのだろう、その技芸、踊りを堪能することができた。で、どさくさまぎれに参加した打ち上げでは、三上敏視さんのお話も聞けて、新聞の切り抜きも頂くことができて、以来、彼のブログをチェックしている。

つくづく、いろいろな動きがあるんだなあと思う。普段、それを知らないだけなのだ。気に留めないだけなのである。このふゆのまつり体験を、これからの豊かさに繋がるひとつのきっかけにできればと思う。
posted by Ken-U at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140499926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。