2010年02月27日

「純粋な自然の贈与」 無から有へ、溢れ出る精霊たち

中沢新一著 『純粋な自然の贈与』 (講談社学術文庫)

無から有へ。自然界から人間界へ。流れるもの。富、贈与。

don_pur_de_la_nature.jpg富を、自然界から人間界への贈与であると考え、捕鯨、神道、農業、冬の祭り、あるいは音楽やゴダールによるバスケットボールの描写などの様々な領域を横断しながら、自然界から富を引き出すときに揺れる人間の心、その流動性と精霊、あるいは資本主義との関わりなどについて、縦横に、自在に言葉が編まれている。

その言葉の連なりは、のちの『カイエソバージュ』(過去記事)に受け継がれ、そして芸術人類学、あるいはくくのち学舎の一連の講座へと繋がっていったのだろう。そして感じたのは、人間の創造性と贈与、あるいは豊かさと悦びが心の深いレベルで互いに繋がり合っているということ。きっと、幸福は人間による悦びの創出、つまり創造の行為にかかっているのだろう。真の創造は悦びを生み、そして暮らしの中に豊かな富をもたらすのだ。

しかし創造的な仕事のための領域は、今、どれほど残されているだろう。自然界と人間界の狭間で仕事をする職人たちの歴史(過去記事)を紐解くまでもなく、自分がこれまで経験してきた職場環境の変化だけを考えても、創造的な仕事を成り立たせるための領域は間違いなく狭まりつづけている。

この世に生み出される富は限られている。そしてその希少な富を奪い合うのがビジネスなのだと思う。つまり、我々はすでに生み出された富を机上にのせ、我が取り分を明確にするために、その富の上に仕切り線を引こうと躍起になって右往左往しているにすぎないのだ。その有様はある種の戦争のようにもみえる。だから上層部は、ビジネスと戦争をしばしば重ねて語るのだけれども、しかしよりよい暮らしのためには、その文脈から外れ、悦びのための、新たな富を生み出すための仕事について考え、実践する必要がある。そうした新しい仕事との関わりについて、今後、試行錯誤を繰り返していきたい。


posted by Ken-U at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術人類学(中沢新一) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。