2010年04月05日

CL+2

UEFA CHAMPIONS LEAGUE - Quarter-finals, 1st leg

arsenal10033103.jpg

アーセナル vs バルセロナ

我が目を疑った。何故なら、アーセナルがまったくと言っていいほどボールが持てず、まるで弱小クラブの如くバルサのパスワークを傍観するばかりだったからで、その予想の裏切りっぷりに茫然、つい睡魔に負けそうになった。

あれは夢だったのだろうか。でも、夢だとしたらあれは悪夢に違いない。ゲーム内容だけではなく、アルシャヴィンにはじまり、ガラス、セスクの怪我など、アーセナルに悲劇的な災難が降りかかって、とくにセスクはカンプノウでプレーすることに特別な思い入れがあったはずで、怪我の前にイエローカードを受け、2ndレグへの望みが絶たれた時のあの姿がいまも忘れられない。そのうえ、セスク、ガラスのふたりは怪我のため今季は絶望だという。アーセナル、絶体絶命。

***

バイエルン・ミュンヘン vs M.ユナイテッド

油断大敵。ルーニーのゴールでいきなり先制したユナイテッドが余裕綽々とゲームを進め、しかし最後にバイエルンの逆転を許した。ファーガソンも、この結果は予想外だったのではないか。実況でも触れていたけれど、先制後、ユナイテッドは手を抜き過ぎたと思う。チェルシー戦のこととか、いろいろ思惑はあったと思うけれど、フットボールに油断は禁物である。一方のバイエルン、久し振りにゲルマン魂をみた。

***

CSKAモスクワ vs インテル

怪我のせいなのだろう、本田の調子が悪くみえた。FKを譲る場面もあったし、ここで利き足を痛めたのはいろいろな意味で痛い。ゲームはインテルの貫録勝ち。

***

リヨン vs ボルドー

横目でみた。スコアにここまで差がつくとは思わなかった。リヨン、意地の勝利というところか。

*****

リーガ・エスパニョーラ 第30節

バルセロナ vs A.ビルバオ

主力を温存しながらも、ボウジャンの活躍などによりバルサが勝利を得た。ジェフレンもチャンスを活かせたし、アーセナル戦に向けて、チームのムードがよい具合に騰がっている。

*****

イングランド・プレミアリーグ 第31節

アーセナル vs ウエストハム

振り返ってみると、CL前にこれだけ激しいゲームをこなすと、やはり怪我をしやすくなるのではないかと思う。フェルマーレンの退場以降、2ndハーフをまるまる10人でプレーしたのだから。

*****

今週のバルサ対アーセナルは、是非ともライヴでみたい。


posted by Ken-U at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。