2010年04月25日

「われら猫の子」 砂の世界を生きる

星野智幸著 『われら猫の子』 (講談社文庫)

猫とは無関係の短編集。

hoshino_cat01.jpgしばらく前に読んだので、記憶が溶けてしまって内容がはっきりとは思い出せないのだけれど、話が進むにつれてあの世に近づく感があり、加速度的に読み進めた。

始めは、作中の会話が会話になっておらず、登場人物ふたりの間で交わされるべき言葉が交差せずに、そのまま並行にこちらに向かって投げかけられているようで、それが平坦に感じられ、あるいは長い説教、あるいは演説を聞かされているような気分になり、なかなか作品に入りこむことができなかった。でも、「チノ」あたりからになるだろう、舞台がこの世から離れていくにしたがって、幻想性が増し、その毒に酔うことができて、そこから作品世界に没入した。

私はカミの悲哀が理解できた。それは、書き手である私が常にさらされている恐怖だからだ。自分の滅亡と引き替えに書くことは始まるからだ。でも、作家になるということはその覚悟を決めることだ。いや、作家に限らない。継承を実践していくとはそういうことで、誰もが引き受けなければならない。(p.138)

私が壊れ、溶けてしまうことにより、悦びが湧きあがって、同時に跡を継ぐものが生まれる。引用部分に付箋を貼ったのは、当時、自己を滅することと、神と、結ばれと、ムスコ、ムスメのことなどを散漫に考えていたからだろう。


posted by Ken-U at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。