2006年03月27日

日曜の味スタ まだ道程は遠い

fctokyo06032602.jpg

日曜。晴れたり曇ったり。味スタ。FC東京対京都。

東京はどうにか勝ち点3を獲得することができた。前回の清水戦よりよくなっているとはいえ、まだまだ道程は遠い。チャンスをつくることはできても、決めることができない。シュートを打つタイミングが悪いし、打っても枠を外したり別の選手にぶつけたり...もう頭を何度抱えたことか。

ガーロ監督はちょっと消極的というか、目先の結果を重視する戦術をとっているようにみえた。マンマークで伊野波をパウリーニョにつけ、実質3バックのようなかたちで中央の守りを固め、梶山、今野にはDFラインの前のスペースをケアするよう指示を出していたようだ。今は東京の新しいサッカーを確立させるべき時期なのに、失点を防ぐために相手の長所を消すようなことをしていいのだろうか。ポゼッション・サッカーだったんじゃなかったっけ?ぼくはもっと梶山、今野に高いポジションでプレーして欲しいので、これではちょっと物足りなく感じてしまう。

物足りないといいながら、それでも結構盛り上がってしまったのだけど、次回はさらに盛り上がりたい。磐田戦でも川口先発でお願いしたい。


posted by Ken-U at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。