2010年07月18日

祭りの終わりに

worldcup2010.jpg

少し前のことになるけれど、ワールドカップが幕を閉じた。振り返ってみると、意外に欧州勢が踏ん張りをみせ、出だしのよかった南米勢が次々に惜敗し、期待のアフリカ勢が空回りして、意外性に富みながら落ち着くところに落ち着くいかにもワールドカップらしい大会となった。当初の僕の予想は、優勝がブラジル、次点がスペインで、だから賭博の配当はもらえず仕舞いだったのだけれど、しかし当てた奴がいないということで、そういえばあのカネ、どこに流れてしまったのだろう。オランダがああいう悪質な振る舞いさえしなければ、ブラジルが慢心しなければ、いまごろ掛け金の一部は僕の手元に入っていたに違いないのに。

で、フットボールそのものを振り返ると、スペイン、ウルグアイが素晴らしく、ドイツがえらい強くて、もう勝利はみえているのにそれでも容赦なく攻め立てたりして、あと、メキシコ、韓国、ガーナ、日本、パラグアイなどの活躍、それに加えてマラドーナのあの哀しげな表情が強く印象に残った。で、その一方、オランダが酷くて、彼らは手のひらを返してアンチ・フットボールでトロフィーを強奪しようとしたのだけれど、まあもともとオランダをあまり好まない僕としては、毎度毎度、オランダ負けろ、オランダ負けろと思いながら夜を過ごし、それで最後、スペインがオランダを破り、つまりフットボールがアンチ・フットボールを粉砕して、フットボール界に希望の光が残されたと感じ、夜明けごろだったか、部屋の闇の中で朝日が昇りかけているのを感じつつ、「よし!」と拳を握り締めた。

日本は、やはり本田が歴史をつくったのだと思う。これは'02年の鈴木に次ぐ二人目の快挙である。はじめの1点、これが相当に重く、それだけに価値があるのだ。その1点を先制点というかたちにした本田は流石というしかない。ロシア移籍前から注目していたので、今や、ヤツはオレが育てた、くらいに思っている。あと、岡田さんでいうと、僕は彼のサッカーをまったく評価していないのだけれど、身の丈を知りつつ、俊輔を外し、本田に賭け、川島、長谷部、松井など、適材適所でチームをまとめたところに彼の手腕を感じた。やはり、過去の経験が活かされたのだろう。海外勢の頼もしさといい、日本代表の活躍を眺めながら、経験はかけがえのない財産であることを再認識した次第。

そしてその後、嫌悪していたブブセラの音がないと寂しく感じる晩もひと段落。オシム氏がいうように、これですべてが終わったわけではない。これからもサッカーは続くのである。僕も、三大会連続でワールドカップ・イヤーに就職をして、新たな職場でプレーの幅を広げながら、この砂漠のようなマーケットの中で、それでも楽しげに、砂と戯れるように、いろいろ経験を積み増していければなあなんて思っている。


posted by Ken-U at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。