2010年09月04日

2010-11 欧州開幕

リーガ・エスパニョーラ 第1節

ラシン・サンタンデール vs バルセロナ

開幕戦、バルサが手堅い勝利を得た。アンリが、ズラタンが去っているけれど、その影響はみえなかった。ビジャがいるし、彼とメッシ、イニエスタにより編まれる前線は流動性が高く、より魅力的に感じられる。あと、ほかのポジションでいうと、アビダルがCBで、それが少し意外。

冷製パスタをつくったり、食べたり、散漫な気持ちで眺めていたので記憶が薄いのだけれど、三得点ともレベルの高いゴールだったと思う。課題は、組織力の向上。実践をこなしながら組織の質を高め、とくに中盤から下のポジションの層を厚くする必要がある。

今季も、バルサとアーセナルを中心にフォローしていきたい。


posted by Ken-U at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(欧州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。