2010年09月11日

「エロマンガ島の三人」 異界への旅、その心に刻印を残す

長嶋有著 『エロマンガ島の三人』 (文春文庫)

エロマンガ島で、エロマンガを読む。

eros_manga.jpg表題作以外に、SF、ゴルフ、官能、犯罪を扱う作品が収められていて、長嶋有の小説としては、それぞれ『夕子ちゃんの近道』(過去記事)以上に異色な出来だと感じた。

エロマンガは、南洋に浮かぶ実在する島の名前である。という表題作の前提を知らないまましばらく読み続けた。しかし気づいたとき、そんな名前の島が実在するんだ、珍妙だな。と少し面白がったりはしたけれど、それ以上にどうということはなく、実際、作中においてもその駄洒落は駄洒落であるがゆえにあまり重要な意味づけはされてなくて、男たちが企画で島に持ち込んだエロマンガも、むしろ邪魔もののように、なおざりに扱われてしまう。

南の孤島という非日常の世界。その眩い太陽の下で、あるいは深い森の闇の中で、男三人、心の浄化がされたのかといえばそうでもなく、ただ島の人々の瞳はきらきらとして、星も瞬き、暗いはずの夜空もどこかきらめいて感じられて、たぶん、もうそれだけでよいのだ。その短い滞在で得られた経験は彼らに深い刻印を残し、その生涯になにかしらの、ささやかな影響を与え続けるだろう。男たちは、その記憶を脳裏にしまいこみ、それぞれの日常に戻ってゆく。

表題作のほかによかったのは「青色LED」。殺人の経験はないはずないのに、人殺しにどこか共鳴する自分がいた。あと、やくざな女と溺れるような色情を経験したわけでもないのに「ケージ、アンプル、箱」もよくて、ベランダから抜け出すあの醒めたシーンがなぜか印象に残っている。学生のころ、半裸で押入れに隠れた経験があるからなのだろうか。もちろん、その訪問者はやくざではないのだけれど。
posted by Ken-U at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。