2010年12月25日

「JASMINE」 無我、自在

KEITH JARRETT + CHARLIE HADEN / 『JASMINE』 (ECM)

自宅スタジオで録音されたというデュオ・アルバム。

keith_jarrett_charlie_haden_jasmine.jpg日暮れ後、ゆるりとした時間を過ごすのによいアルバムだと思う。全編、ミドルテンポで進むのは加齢による制約なのだろう。でも、それでよいのだ。絶妙なタッチが冒頭から続き、聴いていて、まさに音を紡ぐというイメージが湧きあがる。自在に音が踊るのだけれど、乱れがないというか、ふわふわとした世界を浮遊する感覚といえばいいのだろうか。とにかく、よい音楽を聴くときの快楽が間違いなく得られる良作。

ジャズは、マイルス・ディヴィスから入ったので彼が先生のようなものなのだけれど、振り返ってみると、回を重ねて聴いているのはキース・ジャレット。マイルスを聴くときは少し構えてしまうけれど、キースはもっと自由。自然体で、たぶん無に近いのだと思う。なにもなくて、音楽だけがあるという感覚。その世界に這入りこむこと、無に近づくことの快楽。
posted by Ken-U at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。