2011年01月15日

ハケン #5

10100301.jpg

2010年12月某日 雨

強引に業務を終え、新宿。Hさんの送別会へ向かった。幹事のSさんが声をかけてくれたのだ。参加者は僕を加えて4名と少し寂しかったけれど、まあ会はいつものように盛り上がった。
会社を辞めて以降、Hさんとは二度いっしょに呑んだ。同じ沿線に暮らしているというのもあるけれど、たぶん、彼女は僕に少し恩を感じていて、それで関係を保っているのだと思う。数年前、販売拠点を一箇所失うことになったときに、スタッフの首切りの必要に迫られた僕は、無くなる店舗で働いていたHさんではなく、別の店舗のOさんにクビを命じたのだ。Oさんには不合理な話だと思うけれど、最後はスキルで決断した。で、結果、一販売拠点を失いはしたけれど、Hさんの奮闘もあり、トータルでは売り上げを伸ばすことができたのだ。当時、Hさんは活き活きと働いていた。しかしそんなHさんもいろいろ考えるところがあり、退職を決意。良いポジションを用意してもらったとかで、前の職場に戻ることにしたのだという。

残る女たちは、職場に対する不満を僕にぶちまけた。でも、救いはそこに笑いがあることで、ただ、ひとり、またひとりとスタッフが辞めていく現実には複雑な想い。で、当たり前のように会計書が回ってきて、笑顔で「ごちそうさまー」なんていわれて、しょうがないなあ、なんていいながらへらへらしていたのだった。

*****

2010年9月某日 残暑

Sさんの送別会。新宿にて。

Sさんは、前職のときに最初に採用した販売スタッフのひとりで、勤続三年。しかし派遣社員であるがゆえにこのまま勤務するという選択肢はなく、社員として会社がひき取るか、あるいは法の網目をかいくぐってそのまま継続してもらうか、いろいろ考えなければならなかったのだけれども、社員化するためには派遣会社にまとまったカネを払わねばならず、となると裏技、いや裏はまずい、とループしている間に、退職、という答えを彼女自身が出したという。理由は、結婚・懐妊である。彼女のような立場の従業員が導き出せる数少ない前向きな答えを、彼女は絶妙のタイミングで導き出すことに成功した。

めでたきコトブキ退社。皆でわいわいやりながら、Sさんに記念品を渡し、会費の徴収という場面で僕が手を上げ、わー、ごちそーさまでーす、なんていわれて、へらへらカードをきったのだった。
posted by Ken-U at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180829667

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。