2011年03月14日

地震

11022601.jpg

3月11日(金) 14:46 東北地方太平洋沖地震

そのとき、社内のミーティングルームにて取引先と商談中。いつものように営業さん相手にワアワアまくし立てていたのだけれど、彼ら、急に視線を虚空に泳がせ、ん?、揺れてますよ、え?なに?ホントだ...ふと我にかえると床ぐらぐらしていて、しばらく無言。それからわけもなく、大丈夫、大丈夫!と、誰を庇うでもなく、なのに何かを取り繕おうとしている俺。しかし残念なことに、どう考えても大丈夫じゃなくて、やがて床、ぐいんぐいん揺れ、営業さんが机の下にって言うんでとりあえず潜り、でもさらなるぐいんぐいん、しまいにどこからともなくミシッミシッと安っぽい音が聞こえてきて、いよいよ恐ろしくなり、祈るような気持ちになってもおさまる気配がないので部屋から外を覗いた。すると、数名が廊下に立ち尽くしてひとりを見守っている。そのひとり、非常階段の扉を開け、周囲とアイコンタクト。で、いざ我らもとよろよろ非常階段に飛び込み、駆け下りながら地上を目指した。背中に緊急アナウンス、おせーよとぶつぶつ唱えながら、剥がれ落ちたモルタルを踏み踏みどうにか地上へ戻ったのだった。で、振り返ると営業さんふたりも無事、よかったですねえ、なんて笑顔も戻り、しかし業務は継続困難ということになりその場で解散となった。

その後、部屋に落とした財布とPCを拾いに戻り、さらに駆けのぼって荷物を取って、また階段で地上に降りあとに、近所で同僚とコーヒー。一服して別れ、徒歩にて帰宅したのだった。

恐ろしい体験だった。が、もっと恐ろしかったのは帰宅してTVを点けたあとで、地震、津波、放射能、そのすべてが悪夢のようにみえた。以降、PCとTVで情報をあさりまくり、こんな日々は10年ぶりだなあ、なんて思いながら眠くでどうにもならなくまるまで情報の前から離れられなかった。

ただ、10年前はこのまま鬱々となり、引き籠りかけたのだけれど、今回は違う。在宅勤務は今日かぎりらしいし、明日からまたあのぼろビルで、右往左往しながら日常にまみれなければならないのだ。生き残った者が生き続けなければ、世界に未来はない。死んだ人たちと、まだ生きている者とでは背負うものが違うのだ。生きることを選び、それを手にした者にはすべきことがある。困難を乗り越えた先にこそ、悦びがあるのだ。
posted by Ken-U at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190657828

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。