2011年05月29日

「愛しきソナ」 境界線を越えて

ヤン・ヨンヒ監督 『愛しきソナ』 (新宿K's cinema)

ソナは北朝鮮で生まれた。

sona_movie.jpgヤン・ヨンヒ作品は『ディア・ピョンヤン』(過去記事)に続いて二作目。今回は監督の姪にあたるソナにフォーカスをあて、およそ十五年に渡ってその成長振りを記録している。

ソナは可愛い女の子だ。はきはきとしていて礼儀正しく、カメラの前で屈託なくおしゃべりをしたり、無邪気に歌ったり、踊ったりする。北朝鮮というと、どうしても先入観が拭えないので、そこに住む人たちのことを平坦にイメージしがちだけれども、実際に暮らす北朝鮮の人々は私や私の周囲の人たちとそう変わらない。このドキュメンタリーを通して、よく考えてみると当たり前のことを改めて認識することができた。

しかしながら、やはり北朝鮮は違うな、と。殺伐とした風景、停電、エリートの家族の墓が山中の草むらの中にぽつんと立つなど、この国の抱える悲惨な背景を垣間見ながら、長兄の三番目の妻の歌にじんときた。人の心はかわらないのに、なにがこの深い溝を生み出しているのだろう。

『ディア…』上映の波紋により、北朝鮮はヤン・ヨンヒ監督の入国を拒否している。もう続編をみることができなくなるかもしれないと思うと、残念。
posted by Ken-U at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(その他の国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205571420

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。