2006年07月16日

「ヨコハマメリー」 消えゆく戦争の傷あと

14日(金)。渋谷、円山町。Q-AX CINEMA。中村高寛監督『ヨコハマメリー』

横浜の街頭に女は立ち続けた。その顔はおしろいで厚く覆われ、からだを包むドレスは純白であった。白ずくめの彼女は「メリー」と呼ばれた。ハマのメリーは、娼婦として戦後半世紀を生き抜いてきたのだ。その彼女が、1995年の冬、横浜の街から忽然と姿を消した。

yokohama_merry00.jpgカメラはこの国の戦後を辿る。メリーさんは大戦中に父親を亡くしたことがきっかけとなって、終戦直後に故郷を離れ、進駐軍の将校を専門とする、いわゆる”パンパン”となった。その後、彼女が横浜に辿り着いたのは、高度経済成長期の60年代半ば、”戦後が終わった”年の少し前のことである。しかし、彼女の”戦後”はまだ続いていた。組織に属さず、独立した街娼として、彼女は独り横浜の街角に立ち続けたのだ。そしていつの頃からか、彼女は「ハマのメリー」と呼ばれるようになった。

その後、周囲の人々の証言によって、姿を消したメリーさんの人物像が少しずつ浮き彫りにされていく。その中心となるシャンソン歌手の永登元次郎さんは、メリーさんの息子のような、弟のような存在であった。

このふたりを結びつけたのも、あの戦争の傷跡である。彼もまた、大戦で父親と離別したため、母親と兄弟の3人で生き抜くことを強いられてきたのだ。彼の母親は、当時、水商売を営みながら息子たちを育てた。しかし、まだ未熟であった元次郎さんは、母親の生き方に受け入れがたいところもあって、彼女を口汚く罵ったこともあったという。その時に元次郎さんが吐いた言葉は、彼の母親だけではなく、彼自身の心にも深い傷をつけてしまった。それから月日は流れ、後悔を抱えたまま晩年を迎えた彼の前に、ハマのメリーが現れたのだ。元次郎さんは、ハマのメリーに実母の面影を重ねた。

このふたりの人生には、この国の「戦後」が凝縮されている。戦争は多くの娼婦を生みだしたが、その後、「もはや戦後ではない」という宣言がなされ、社会が裕福になるにつれて、この穢れた者たちに対する人々の態度も変わっていく。そうした社会の移り変わりの中で、メリーさんの居場所も少しずつ狭まっていくのだ。そしてついに、横浜の街は、存在そのものが戦争の傷跡であるハマのメリーを消し去ってしまう。

*****

終盤、再会のために、末期癌に冒された体に鞭を打って、元次郎さんが旅立ち、そして「マイ・ウェイ」を熱唱するところまでの流れがとても素晴らしかった。

病室の空のベッドが映し出されて、それから列車の窓へとカメラが移り、その先を延々と、尽きることなくどこまでも伸びる線路が映し出される。元次郎さんは、この世の果てでメリーさんと再会し、力の限りを尽くした「マイ・ウェイ」を歌う。その想いの塊を、メリーさんは凛とした佇まいをもって受けとめるのだ。その美しい魂の交歓を捉えたショットは、おそらく映画には表せない類のもので、たぶん、これはドキュメンタリーの真骨頂といえるものではないかと思う。そして彼らはカメラに別れを告げ、この世界から消え去っていく。
posted by Ken-U at 18:08| Comment(2) | TrackBack(9) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう。
メリーさんも、お亡くなりになられたと聞きましたが、いまごろ、あの世で、元次郎さんと一緒だと、いいですね。
Posted by kimion20002000 at 2007年08月16日 03:15
kimionさん、コメントありがとうございます。

メリーさん、お亡くなりになったんですか。それは知りませんでした。彼女はどんな心持ちでこの世を後にされたんでしょう。
ぼくはこの作品を通して、戦争の描き方にもいろんなアプローチがあるんだなと感心しました。とても斬新な戦争映画だったと思います。
Posted by Ken-U at 2007年08月16日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「ヨコハマメリー」
Excerpt: かつて、青江三奈が唄ったあの歌・・、♪あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯りがともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビドゥビドゥバー 灯..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-09-18 11:45

ドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」を観た!
Excerpt: 純白のドレスと白い化粧をして、横浜の街角に立つ老婆“ハマのメリーさん”。終戦直後から50年近く、背骨が曲がっても娼婦として生きてきた彼女の存在は、横浜で生まれ育った人ならば誰もが聞いたことのあるものだ..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2007-04-29 10:53

置き去りにした人形  「ヨコハマ・メリー」
Excerpt: 「ヨコハマ・メリー」は、元外人専門の娼婦のホームレス、「メリーさん」をめぐってのドキュメンタリー映画。 この映画が話題になり始め、目撃談などがメディアに取り上げられるようになって、私は、ちょっと驚いた..
Weblog: CURIOUS MAMA の レビュー&エッセイ
Tracked: 2007-06-03 14:31

mini review 07068「ヨコハマメリー」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: カテゴリ ドキュメンタリー 製作年 2005年 製作国 日本 時間 92分 公開日 2006-04-15〜 監督 中村高寛 ストーリー 純白のドレスと白い化粧。横浜の..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-08-13 21:47

『ヨコハマメリー』
Excerpt: これも公開時気になっていた作品。DVDにて鑑賞。 伊勢崎町に戦後ずっと立ち続けた伝説の娼婦メリーさんについてのドキュメンタリー映画。描きたいのはメリーさんだけではなく、要するに「戦後」、そして「..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2007-09-07 00:49

『ヨコハマメリー』 白き仮面の女
Excerpt: 『ヨコハマメリー』95年冬に忽然と姿を消した、横浜の伝説的娼婦、“ハマのメリーさん”。彼女を知る人々のインタビューを交え、戦後の歩みを浮き彫りにするドキュメンタリー。かつて横浜の街には、白塗りで、貴族..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2008-02-22 15:28

ヨコハマメリーを知ってるか
Excerpt: 横浜に生まれ育っていたらメリーさんを 覚えているだろうか{/face_setsunai/} ヨコハマメリーその人である。 伊勢佐木や馬車道を白塗りの化粧で歩き、 その姿から死神を連想するものもいたよう..
Weblog: のんびりまったりおばばな毎日
Tracked: 2008-04-24 13:56

はじめに
Excerpt: 1999年よりメリーさんについて調べてきました。 彼女の故郷にも二度足を運び、親族にもインタビューをしています。 (単なる興味本位でしたら、ここまでしません) この場を通じて、小出しにしながら私..
Weblog: メリーさんの故郷の写真
Tracked: 2008-08-09 15:15

ヨコハマメリーを知ってるか
Excerpt: 横浜に生まれ育っていたらメリーさんを 覚えているだろうか{/face_setsunai/} ヨコハマメリーその人である。 伊勢佐木や馬車道を白塗りの化粧で歩き、 その姿から死神を連想するものもいたよう..
Weblog: のんびりまったりおばばな毎日
Tracked: 2009-05-30 07:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。