2011年06月25日

「写楽」 駆け抜け、燃え尽きる

『写楽 特別展』 (東京国立博物館)

写楽の活動期間は一年弱と短いが、本展ではその作品群を四つの活動期に分けて展示。

sharaku.jpg第1期:夏狂言に取材した雲母摺りの豪華な役者大首絵
第2期:秋狂言に取材した全身像
第3期:その他の役者絵、役者追善絵、大童山を描いた相撲絵
第4期:新春狂言に取材した作品群

写楽の絵師のしてのピークは第1期で、華々しくデビューを飾ったが、以降、人気は衰退。作品が洗練されるとともに力が弱まっていくという流れはパンクに似ていて、大首絵の勢いや、役者そのものを写実的に描く点など(女形でも男性である役者そのものを描いている)、その大胆な作風も当時としてはパンク的だったのかもしれないなあ、などと勝手に考え、その在り方を70'sロンドンの下衆な音楽と重ねてみたり、息の長い活動をした北斎(過去記事)と比べて考えたり、浮世絵の幅の広さを自分なりに認識することができた。

実際、同時期に活躍した絵師の作品と比較できるよう同じ役者を描いた作品を並べて展示されていたり、単に絵をみるだけではなく、いろいろ夢想できるよう工夫を凝らしてあって、小一時間でさらさらみるつもりが、気づくと2時間近く居座ってしまった。

その後、閉館のアナウンスを聞きながらカタログを購入。暮らしが落ち着いたらゆっくり目を通したい。やはり写楽の絵は悪役の方がいいねとか、北斎のカタログと比較してみたり、そんな心のゆとりが欲しい。
posted by Ken-U at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。