2006年08月02日

拉致に対する報復 この世界から野蛮を駆逐するために

lebanon01.jpg

今月12日、自国民を拉致されたイスラエルが、その報復としてレバノンに侵攻した。以来、イスラエル軍は、ミサイルやロケット弾による攻撃を現在も続けている。

**

『ヒズボラが兵士拉致、イスラエル軍がレバノン侵攻』(link)

【エルサレム=三井美奈】レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラは12日、自派のテレビで、レバノン国境に近いイスラエル北部でイスラエル軍兵士2人を拉致したと発表した。

 イスラエル政府はこれを確認、同国軍はレバノン南部に侵攻した。イスラエル軍のレバノン領内への侵攻は、2000年5月にレバノン南部から撤退して以来。

(以下略/読売新聞/2006年7月13日)


**

BSで放送されている米、英のTVニュースを出勤前に眺めていると、当然のことながら、この衝突のことが大きく報道されている。それでも、戦闘の生々しさ、悲惨さ、みたいなものを、これらの報道から感じとることはとても難しい。

先週から、通勤中に少しずつ読み進めていた本があって、今日、やっとそれを読み終えたのだけど、その本の内容と、毎朝眺めている一連の報道(海外のもの)を、対比させたり、繋げたりして、いろいろと思いをめぐらせている。

lebanon02.jpg

lebanon03.jpg

lebanon04.jpg

lebanon05.jpg

lebanon06.jpg

lebanon07.jpg

lebanon08.jpg

lebanon09.jpg

lebanon10.jpg


posted by Ken-U at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。