2006年09月21日

「山椒大夫」 失われた母なるものへの郷愁

溝口健二監督 『山椒大夫』 (恵比寿ガーデンシネマ)

まだ幼い厨子王と安寿は、旅の途中、巫女と名乗る老女に騙され、母親と引き離されて、山椒大夫が支配する丹後の荘園に売り飛ばされる。彼らは人買いが仕組む罠に掛かってしまったのだ。ふたりはそこで奴隷となってしまうが、その生き地獄に耐えながら、両親との再会を夢見て懸命に生き延びようとする。そして十年の歳月が流れる。

sansho_dayu00.jpg本作の舞台は、貴族社会が弱体化し、かわって武士が台頭する平安時代の末期である。溝口監督は、この国がかつて迎えた大きな転換点であるこの時代に、近代の日本社会の姿を重ねようとしている。公から切り離された私的領域の中で奴隷を酷使し、莫大な富を生み出そうとする山椒大夫は、この硬質な社会を取り仕切る狂った支配者の象徴として描かれている。その容姿はとても醜く、周囲にみせる態度も残忍極まりないものである。

出口のみえない生活に絶望し、その挙句の果てに、山椒大夫の言いなりになって日々をやり過ごしていた厨子王は、妹の安寿との口論をきっかけにして、「慈悲のないものは人ではない」という父親の言葉を思い起こす。そして、クニを追われた父親と再会するために、母と旅していたあの頃の様子が思い浮かぶ。厨子王は、その荘園を抜け出すことを決意し、安寿にそれを告げる。

*****

左右に流れながら物語を捉え続けるカメラ・ワークや美術、それにキャスティング、そのどれをとっても素晴らしくて、圧倒された。いわゆる勧善懲悪的な展開ではなく、それにハッピーエンドで結ばれるわけでもないこの物語を、溝口監督は一流の娯楽作品に仕立て上げることに成功している。涙あり、拍手ありの劇場の様子は、公開当時(1954年)の観客の反応とそう違わないのではないだろうか。思うのは、描かれている世界と自分が身を置くこの世界が確かに地続きである、ということだ。だからこそ、観客は厨子王に自分自身の姿を重ねることができるのだろう。観る側も厨子王と同じように、なにか大切なものを失い続けながら生きているのだ。その痛みがこの作品には焼き付けられている。
posted by Ken-U at 23:18| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガーデンシネマは拍手ありだったのですか。
それも容易に想像できるほど大傑作だったと思います。
本作もまた小舟のシーンが美しかったですね。
安寿の入水もまた然り。
予定より京橋に行く機会が作れなくて困っています。
もっと溝口を堪能したい…
Posted by 現象 at 2006年12月18日 02:40
エンドロールに向かって拍手が湧きました。おそらく当時の劇場でも同じような拍手があったんじゃないでしょうか。

安寿の入水シーンはとてもよかったですね。あと個人的には、厨子王が山を下り、京で関白に直訴するシーンが印象に残りました。

溝口作品を劇場で観る機会はこれからあまりないでしょうから、ぼくももっと観ておきたかったですね...
Posted by Ken-U at 2006年12月18日 21:51
こんばんは、Ken-Uさん。コメントありがとうございました。
今から半世紀ほど前にこれほどの映画が作られていたとは驚くべき
ことですね。ヨーロッパで評価されるのも、説話ならではの物語設計、
人物造形があるからではないでしょうか。
山椒大夫のようなキャラクターは、説話にはよくあるものですから。
それとともに、Ken-Uさんのおっしゃるように、1954年当時、
さらにはそれより後の日本社会を反映しているのは凄いですね。
ラストシーンは本来やりきれない内容なのに、別の印象を引き起こすのは、
やはり映像の力があったからだと思います。
Posted by 丞相 at 2006年12月18日 22:08
丞相さん、コメント&TBありがとうございます。

こういった作品が「娯楽作品」として製作できたのも、戦後から高度成長期にかけた、この国の激変期(あるいは過渡期というんでしょうか)だからこそなのかもしれませんね。
それに、昔の日本映画を観ると、職人のものづくりの技を強く感じることができます。目に見える部分ももちろんそうですが、物語設計などの目に見えないところにも技が活かされているような気がします。

他の作品も是非ご覧になって、そちらのブログでレビューしてください。楽しみにしています。
Posted by Ken-U at 2006年12月20日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24178022

この記事へのトラックバック

山椒大夫@フィルムセンター
Excerpt: しょうき髭を蓄え、恰幅の良い山椒大夫は荘園をつかさどり、たくさんの賤民を使って富を得ていた。またそれを国守に納める。荘園からの脱走を試みた非人は山椒大夫により焼きごてで烙印を押される。苦痛と消えぬ傷を..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-12-18 02:19

『山椒大夫』〜木と船とモダニズム〜
Excerpt: 「溝口健二の映画」公式サイト 「溝口健二 大映作品集Vol.1 1951-1954」 監督:溝口健二出演:田中絹代 花柳喜章 香川京子ほか   【あらすじ】(フライヤーより)安寿と厨..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2006-12-18 22:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。