2005年04月01日

「サマリア」 死と再生の旅

キム・ギドク監督『サマリア』 (恵比寿ガーデンシネマ)

少女がたどるイニシエーションの様子が描かれる。作品は、「バスミルダ」−「サマリア」−「ソナタ」の三部から成る。

samarian_girl01.jpg親友のヨゾンとチェヨン。ふたりの関係はとても親密で、チェヨンはヨゾンがいないと何もできない。ヨゾンとチェヨンはふたりでひとりというか、チェヨンはヨゾンの分身のように感じられる。冒頭、チェヨンは、ヨゾンに向かって自分はバスミルダだと告げるのだが、バスミルダとはインドに伝わる娼婦の名前で、バスミルダと交わった男たちはみな仏教徒になったという。ふたりはヨーロッパ旅行の費用を捻出するために援助交際をしている。チェヨンが体を売り、ヨゾンがマネージャー役を担当しているのだ。

ストーリが進むにつれて、チェヨンがヨゾンの分身であるという印象が強くなっていく。チェヨンはヨゾンの身代わりに男と寝ているように感じられる。しかし、ヨゾンはチェヨンの売春行為に手を貸しながら、その行為に強く穢れを感じていて、そこに罪の意識を抱えているようにもみえる。売春行為の後、銭湯でヨゾンがチェヨンの体を執拗に洗い清め、キスをして抱き合うショットが印象に残る。

死の直前、チェヨンは客のひとりに会いたいとヨゾンに頼む。そしてヨゾンはその客を訪ねるのだが、そこで彼女はその男に処女を奪われてしまう。時を同じくして、チェヨンはこの世から去っていく。この時、チェヨンとヨゾンはひとつになったというか、互いの魂を交換したのかもしれない。ヨゾンは、チェヨンの残した手帳と現金を清め、チェヨンと寝た男たちを呼び出してはチェヨンのように微笑み、チェヨンが飛び降りたホテルの部屋でその男たちと寝るのだった。彼女はかつて支払われた現金を男たちに返していく。こうしてヨゾンはチェヨンのいた世界に触れながら、チェヨンと自分を重ねていくのだった。

*****

娘の行為を知り苦悩する父親は、ヨゾンに母親の墓参りを提案する。そして父と娘の旅が始まる。ふたりは車で山を登る。この旅が、ヨゾンのイニシエーションであるように描かれている。山中で擬似的な死と再生を経験することによって、ヨゾンは大人になる第一歩を踏み出すのだ。

山の中で、父と娘は浄化されていく。旅の途中、美しい山と空の境界線を映し出すショットが頻繁に挿入される。天と地を結ぶ山が持つ超越的な力が、親子の魂に変化をもたらしているのかもしれない。最後の儀式は河原で執り行われるのだが、これも、境界的な領域における、ある種の通過儀礼であるのだろう。

*****

他の作品同様、本作でも境界的な領域で物語が進められる。売春行為の後、ヨゾンとチェヨンは川の中洲につくられた公園で遊ぶ。河原も頻繁に映し出される。そして石。男がヨゾンを車で河原に連れ込む時、父親は車に向かって飛礫を打って妨害しようとするのだ。物語の終盤も河原。それに、山や大きな池、売春、娼婦も含め、これらの要素はキム・ギドク作品に頻繁に登場する。

バスミルダに関する知識がないので、このあたりをもう少し知りたい。いつもヨゾンに微笑みかけるバスミルダ(チェヨン)はとても魅力的である。しかし、チェヨンの背景は明かされないまま、彼女はこの世から去ってしまう。親友であるはずのヨゾンも、チェヨンの家族のことや、その連絡先さえ知らされていなかった。それも彼女を実存しない幻、ヨゾンの分身のように見せる要因になっている。

父親が車の中でヨゾンにキリスト教にもとづいた奇跡の話を聞かせることも気になる。男を仏教徒にするバスミルダとキリスト教の奇跡を語る父親。その狭間にいるヨゾン。そしてヨゾンと寝た男たちは皆、幸福を口にする。あと、以前も書いたけれど、「石」についてもう少し考えたい。河原の石。それを投げる男。このあたりも紐解くと面白いかもしれない。

(関連記事:飛礫 石を投げるという行為/2005/09/25)


posted by Ken-U at 21:26| Comment(8) | TrackBack(18) | 映画(キム・ギドク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々と示唆的な映像や小物があると私も感じました。ただそれを全て辻褄合わせの道具として解釈するのもどうかなぁ、とそれ以上深く追求するのは止めました(笑)
間違いなく「水」は浄化の意味を持っていたのだろうとは思います、シャワーも河も。
Posted by るるる@fab at 2005年07月13日 20:36
るるる@fabさん、コメントありがとうございます。

たしかにギドク作品のメタファー解読地獄に陥ると、深みにはまって抜けられなくなってしまいます。
例えば「水」でいうと、父と娘が山小屋で1泊する際に観られた、小屋の脇に置かれた小舟のショットが印象的でした。小屋でひと晩を過ごすことによって、小舟の中が水で満たされていたという。これもまた示唆的なショットだと思いました。「水」、そして特に「池」は彼の作品の中で大きな意味を持っているように思えます。

まあ、そのあたりにはまり過ぎるのはよくないんですけどね。
Posted by Ken-U at 2005年07月13日 21:55
なるほど、と思いながら読ませてもらいました。最後、ヨジンが車を運転するシーンは赤ちゃんがハイハイをしているシーンを彷彿とさせる。つまりヨジンはまだ「子供」だったのだ、みたいなことを書いている人もいましたね。『悪い男』ってこの監督だったんですね。あの映画でも、ヒロインがやたら泣きますよね。これからは「水」に注意して観てみようと思います。参考になりました。
Posted by ケンスケ at 2005年10月15日 02:16
ケンスケさん、わざわざコメントありがとうございます。

「水」は重要な要素なんでしょうね。泣くのもそうですし、湖や川が頻繁に登場します。また「水」と同様に、「石」や「山」も彼の作品にはよく登場します。どれも人間の根源的なところと繋がりのあるものばかりなので、とても興味深く感じてしまいます。
Posted by Ken-U at 2005年10月15日 03:10
死と再生、興味深く記事を読ませて頂きました。春夏秋冬では人生の構図を四季に当てはめ輪廻という壮大なテーマをも見せて貰ったように思いますが、本作も寓意的ですね。しかし決して現実から乖離していない。ギドク作品の傑作だと思います。
TBさせて頂きました、また拝見させて頂きます。
Posted by lin at 2005年12月03日 12:23
linさん、コメントありがとうございます。

キム・ギドクの作品はとても寓意的ですね。『春夏秋冬そして春』で扱ったテーマを、さらに広げたものが『サマリア』になるような気がします。
たしかに、寓意的でありながら現実から乖離していないという点は素晴らしいですね。乖離するどころか、少女売春という社会問題に結びつけているところを興味深く感じます。

こちらからもTBさせていただきますね。
Posted by Ken-U at 2005年12月03日 19:16
TBありがとう。
母親の墓地がある山と河原で、浄化されていったのだ、と思いたいですね。

繰り返しでてくる「石」についても同じ感想を持ちました。関連でふれていらっしゃる、中沢新一、およびその父親、叔父さんの網野教授、みんながそれぞれ「石」にこだわっているのは、面白いですね。

障壁としての「石」、精霊が宿る「石」、武器としての「石」、そして指し示すものとしての「石」・・・そこに「河原」という隠喩が入ってくると、思いますね。
今後とも、よろしく。
Posted by kimion20002000 at 2005年12月05日 22:56
kimion20002000さん、こちらこそコメントありがとうございます。

人間と石の歴史を辿ると、原始の昔まで遡りますからね。その結びつきはとても深いんじゃないでしょうか。ですから、キム・ギドク作品における石の扱われ方を見ていると、どうしても関心がそちらに向いてしまうんですよね。
Posted by Ken-U at 2005年12月06日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

サマリア
Excerpt: サマリア  2005/韓国  ★★★★ 監督 キム・ギドク 出演 クァク・チミン / ソ・ミンジョン / イ・オル  原題:”Samaritan Girl”=サマリア人の少女 ■あ..
Weblog: Cinema-Absolutism
Tracked: 2005-04-04 17:21

サマリア [置いてきぼりの少女・・・哀しく美しい映画。好きな台詞は?]
Excerpt: 2005/4/20 観てから二週間もたった。 この映画を語るにふさわしい言葉を模索してきたが、思いつかない。 ボキャブラリイが足りない 一つはっきりしてるのは、これはまぎれもなく「最高の映画」なのだ..
Weblog: 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
Tracked: 2005-04-22 03:28

『サマリア』〜<奇蹟>の映画〜
Excerpt: 『サマリア』   公式サイト ノベライズ『サマリアの少女』   監督:キム・ギドク出演:クァク・チミン ハン・ヨルム イ・オル   【あらすじ】女子高生ヨジン..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-05-21 23:04

サマリア samaritan girl
Excerpt: 前略、元気ですか?この前の日曜日、久し振りに映画を見て来ました。 「サマリア」という映画です。最近、いろいろな映画賞を取りまくりの、キム・ギドクという、韓国の映画監督が撮った映画。
Weblog: LM * The Letters about a MOVIE.
Tracked: 2005-05-25 03:16

『サマリア』、何事も断罪しない映画
Excerpt: 『サマリア』というタイトルは、三章に分けられた本編の第二章のタイトルでもあります。ということは、この第二章が最も重要な章であるのかというと、そう簡単に結論を出すことが出来ません。この問いはそのまま、『..
Weblog: cinemabourg*
Tracked: 2005-06-22 12:39

『サマリア』
Excerpt: 『サマリア』公式サイト 監督:キム・ギドク 出演:クァク・チミン 、ソ・ミンジョン 、イ・オル 、    クォン・ヒョンミン 、オ・ヨン 2004年/韓国/95分 『サマリ..
Weblog: Rabiovsky計画
Tracked: 2005-07-09 20:21

「サマリア」
Excerpt: 「サマリア」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2005-07-13 20:37

映画「サマリア」
Excerpt: ?ハピネット・ピクチャーズサマリア ?  今、世界的に注目される監督の1人であるキム・ギドク監督。この作品でベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)、続く『3-Iron(空き家)』でヴェネチア映..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-10-29 12:09

『サマリア』
Excerpt: 本日は、この作品について。
Weblog: よんふぁ広場
Tracked: 2005-10-29 17:53

「サマリア」
Excerpt:  サマリア 「サマリア」 ★★★★ SAMARIA (2004年韓国) 監督:キム・ギドク キャスト:クァク・チミン、ソ・ミンジョン、イ・オル、クォン・ヒョンミン、オ・ヨン、イム・ギュ..
Weblog: NUMB
Tracked: 2005-12-03 12:18

NO.117「サマリア」(韓国/キム・ギドク監督)
Excerpt: 私たちは遠からずみんな狂ってしまうかもしれない。 韓国の「北野たけし」などと呼ばれることもあるキム・ギドク監督。いつも、「加虐と被虐そして自虐」と自ら述べているように、荒々しい問題提起の作風で物議を..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2005-12-05 19:56

『サマリア』の風景
Excerpt: 遅ればせながら『サマリア』(DVD)を見た。なんという画面の艶やかさ。ことに手持
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2006-01-26 23:25

サマリア
Excerpt: ペルリン国際映の画祭で最優秀鑑督賞である銀熊賞を受賞した私一押しキム・ギドク監督作品。 この監督の世界観が好き。  第1章の「バスミルダ」、第2章の「サマリア」、第3章の「ソ??
Weblog: impression
Tracked: 2006-02-18 23:29

『サマリア』’04・韓
Excerpt: あらすじヨジンは父と二人暮らしの女子高生。彼女の親友は同級生のチェヨン。ヨーロッパ旅行に行くお金を集めるために援助交際をしている。客を取る事をさして問題とせずに、屈託のない笑顔でインドの伝説の娼婦バス..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-02-18 23:58

映画『サマリア』
Excerpt: 原題:Samaritan Girl この映画、公開されたとき、二人とも可愛くて、特にチェヨン役の子が魅力的でいい、観たいと思いつつ見逃して、・・思い出したようにやっと観た・・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-04-22 03:04

「サマリア」居心地の悪い、心地よさ
Excerpt: 「サマリア」★★★wowow鑑賞 クァク・チミン、ハン・ヨルム主演 キム・ギドク監督、2004年、韓国 映画を監督で見ることは殆ど無いが 韓国のキム・ギドク監督は 「魚と寝る女」に出会っ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-05-17 21:59

サマリア
Excerpt: ★本日の金言豆★ 援助交際は韓国でもあるが、日本ほど報道されることがなく、問題視されていない。(監督談) 2005年9月23日発売  「出会い系サイト規制法」「淫行条例」「児童売買
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2006-05-20 01:56

『サマリア』みましたぁ!
Excerpt: 『サマリア』クァクチミン/ソミンジョン(ハンヨルム)共演 사마리아(Samaria).....2004年キムギドク監督作品 junsanga..
Weblog: 韓ドラのたまり場
Tracked: 2007-02-17 12:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。