2007年02月11日

旅の画像

venice07020503.jpg

短い旅日記を書こうかとも思ったけれど、寝坊したり歯医者に行ったり、そして携帯の復活手続きをしてみたりであっというまに1日が終わってしまった。携帯は、以前使っていたものが見つかったので、とりあえずそれを持ち込んで機種変更手続きを済ませた。

旅の途中に立ち寄ったヴェネツィアと、取引先のある町の画像を数枚アップしておく。

venice07020501.jpg

venice07020502.jpg

ヴェネツィアでは、何故かサン・マルコ広場美術館を観て回る機会に恵まれた。交易で栄えた町の歴史はとても興味深いものだった。ほかにも、いろいろと感じることの多い旅だった。そのいろいろについては、あとでここに書き加えるか、他の機会にあらためて書き留めるかなにかしようと思う。

udine07020602.jpg

udine07020601.jpg

これはイタリアの梅酒。梅というか、プラムのアクアヴィーテ。無色の蒸留酒で、アルコール度数は40度程とかなり強い。これを地元のドルチェ(素朴なケーキ)にどぼどぼとかけて食べる。向こうの社長は、ぼくがかなりの酒飲み、酒好きだと知って、なにかと酒をふるまうのだった。ぼくも期待にこたえて飲み続けた。この日は、昼からワイン(白、赤)、デザート・ワイン、アルコール漬けのドルチェ、グラッパと飲みまくった。それでも午後から仕事をしたのだった。午後の会議の際、向こうの社長は発言するぼくを見ながらくすくすと笑っていた。

この旅で失ったもの:携帯電話、本1冊『対称性人類学』

機内で読んだ本:無し

機内で観た映画:『LITTLE MISS SUNSHINE』

ぼくの英語力では台詞がよく理解できなかったけれど、とても面白い作品であることはよくわかった。あのアイスクリームをめぐるシークエンスなどは、主演の女の子をとても可愛らしくみせていて印象に残った。あの女の子を可愛らしくみせることは、本作が成立するための必須の要素であると思う。また、家族を通してアメリカそのものを描くという意味では、『イカとクジラ』に通じるものを感じた。是非とも劇場で観たい作品である。


posted by Ken-U at 02:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
出張、お疲れさまでした。美しいところに行かれたのですね。
『リトル・ミス・サンシャイン』ミニシアター上映作らしい佳作でした。
素晴らしいアンサンブルだったと思います。ではでは。
Posted by 真紅 at 2007年02月12日 15:57
コメント通知メールが届かず、真紅さんのコメントに気づくのが遅くなってしまいました。すいません。

美しい街でしたが、寒かった。それに、会社のお偉方のお供でしたので楽しむことはできませんでした。『リトル・ミス・サンシャイン』はぼくもいい作品だと思います。先週末に劇場で観ましたよ。笑いながらもジーンときたりと、いろんな感情を刺激されて、いい感じで味わうことができました。
Posted by Ken-U at 2007年02月14日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。