2005年05月10日

「永遠と一日」 一生どこにいてもよそ者

昨日の夜は咳もでてしまっていたので、今日はうちでおとなしくしていた。ランチと、スーパーに夕飯の材料を買出しに行ったくらい。月が新月のギリギリ手前ってところまできていた。かろうじてそこにあるのがわかるくらい。そして妙に赤みがかっていた。

なぜかチェックしていたので、録画しておいた「永遠と一日」を観た。テオ・アンゲロプロス監督の98年の作品。ヨーロッパの巨匠にありがちな、「孤独を抱える芸術家なわたし」を描いた作品。古めかしさも感じてしまうし、これがパルム・ドールを獲ったというのは意外。功労賞的な意味合いかな。

*****

eternity_and_a_day3.jpg老作家アレクサンドレは、病気のため死に直面している。人生の最後に至るまで、自分の居場所を見つけることはできなかった。これまで彼は「言葉」にそれを求めてきた。すべてを犠牲にして創作に没頭してきたが、結局探している言葉は見つけることができなかった。所詮、下書きのような作品を書き散らしてきたに過ぎない。家族のことも顧みてこなかったため、唯一会うことのできる娘との間にも埋められない溝がある。もう取り戻すことのできない妻や母親との過去。彼は失ってしまった家族の幻を見るが、過去を修復することはできない。

この退屈になってしまいがちな物語を救っているのが、ギリシャ系アルバニア難民の少年の存在だと思う。アレクサンドレは、ある事件から彼を救い出す。それは少年に対する優しさというより、孤独で居場所のない自分自身を、難民として生きる少年の姿の上に重ねてしまったからだろう。確かに芸術家と難民の間には、共通するなにかがあるのかもしれない。

最初は少年を故郷に返そうとするアレクサンドロも、やがて少年を手放すことができなくなってしまう。死を目前にして、彼にはもうほかに何も残されていないからだ。彼と少年は、どこにいようが一生よそ者であり続けなければならない。

*****

脳科学的には、あまり創造的な作品ではないってことになるな。まあ非科学的にもそうだろう。しかし老いてしまうということの意味を、ぼくはまだ理解しているわけではない。わけもなく、首を吊ってしまったジャック・マイヨールのことなんかを連想してしまう。自由に生きるってことはたいへんなことだな。好き好んでやることじゃない。
posted by Ken-U at 23:53| Comment(6) | TrackBack(3) | 映画(その他の国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 久しぶりにお邪魔します。この映画なぜか好きなんですよね。ヨーロッパ映画らしくバスのシーンとか解釈が難しくて困っちゃうんですが。回想シーンでも奥さんは若いのに本人は年老いたままで、過去に生きる男というのが孤独を感じさせます。

 退屈なのに何がいいのかな、音楽が良すぎたせいかも。CD持ってるくらいに音楽が気に入ってます。
Posted by so-jaded at 2005年05月12日 01:24
おー、so-jadedさん、ようこそ!しかしこの記事にコメントするとは、さすがというかなんというか。実は、昨晩の寝つきが異様に悪かったんですよ。この映画のせいとはいいませんが。

この映画に対するぼくの意見は否定的に読めるかもしれません。というか、そういうつもりで書いているんですが、そう割り切れないなにかがこの作品にはあるような気がしています。それがなにかということは、数十年後に生きていたらわかるというか、今はわかっててもわからないふりをするしかないというか...

バスのシーンの解釈は難しいですね。特に最後の方。黒い傘を持つ男が横切ったり、黄色い服を着た自転車の男たちがバスの後を追ったり。そのあたりも含めて掴めてません。

いつのまにか、この映画にチェックをいれていた自分がいるんですよね。そして好きなタイプの映画じゃないことがわかっていながら、最後まで観るしかなかったというか。そういう映画でした。

まずいですよ。
Posted by Ken-U at 2005年05月12日 01:51
「永遠と一日 L'eternite et un jour」をTBしました、Sophieと申します^^
TB返しありがとうございます!!
映画について語ったりなんか出来たら、嬉しいです♪
Posted by Sophie at 2005年10月14日 00:27
Sophieさん、コメントありがとうございます。

映画や美術がお好きなんですね。ぜひ映画について語っちゃってください。
Posted by Ken-U at 2005年10月14日 01:31
何かとっても読み応えありなブログなので、リンクさせてもらっちゃいました!!
いいですか。。。?
Posted by Sophie at 2005年10月14日 20:33
Sophieさん、こんばんは。

褒めていただいてありがとうございます。それにリンクまで。重ねてありがとうございます。
Posted by Ken-U at 2005年10月15日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

1999年4月29日(木) 「永遠と一日」「トゥエンティフォー・セブン」
Excerpt:  秋葉原のラオックス・コンピューター館でポケットステーションが入荷するという情報を事前に聞きつけていたので試しに10時すぎに出かけていった。200人近くの行列が出来ていたが大量に入荷したらしく無事手に..
Weblog: 大いなる遡行(アスランの映画クロニクル)
Tracked: 2005-06-13 22:46

永遠と一日 L'eternite et un jour
Excerpt: 今、movie plusで、「永遠と一日(MIA EONIOTITA KE MIA MERA)」をやってる。ちょっと観てみようかなぁ。 …観終えました。見応えはがっつりありました。まず、音楽が素..
Weblog: L'ALCHIMISTE
Tracked: 2005-10-13 17:56

『永遠と一日』'98・希・仏・伊
Excerpt: あらすじ詩人であり作家でもあるアレクサンドレは不治の病を患っていた。ある日、少年の頃の夢を見た彼は・・・。感想カンヌ国際映画祭パルム・ドール『アレクサンダー大王』でヴェ...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-11-12 20:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。