2007年03月21日

旅の画像

昨晩の11時頃、ちょっと横になってみようと思ってベッドに寝転がるとそのまま意識を失ってしまい、気づくと朝の10時だった。そして二度寝。昼には目が覚めたが、1時過ぎまで動けなかった。思った以上に疲れていたようだ。右のふくらはぎが少し痛む。

ここに現地で撮った数少ない画像の中から数枚をアップしておく。今回の旅はとても忙しく、デジカメ片手にぶらぶらするような時間があまりとれなかった。

07031902.jpg

日曜の夜のドゥオモ周辺。店はみな閉まっており、人もまばら。土曜日の異様な人出が嘘のようだった。

07031901.jpg

日曜の夕方、二度目の自由時間に某ショップに立ち寄ったあと、いい感じのカフェをみつけた。白ワインをオーダーすると、フォカッチャ、オリーヴ、ポテトチップがついてきて5ユーロ。オーダーは英語で2回言っても通らず、3回目には「ヴィーノ・ビアンコ」と言い直した。客はみなイタリア人のようで、みな親しげにみえる。店の女の子も彼らと接するときは笑顔をみせていた。あと1品なにかオーダーすれば、ここで食事をすますこともできるだろう。今回はこの近所にあるピッツェリアに行きたかったので、ワイン1杯で店を出た。次回はここで食事をすまそうと思う。画像は食後、カフェの前を通ったときのもの。

07031603.jpg

土曜日の夕方になって、はじめて自由時間がとれた。といっても、仕事の関係で見に行かなければならない通りがあり、そのあたりをぶらぶらすることにした。異様な人出だった。まず印象的だったのは、街を歩く女性たちが日本とは違うというあたりまえのことだった。彼女たちは色気の出し方があからさまで、悪魔的な魅力を周囲に振り撒いている。ふと『オルガスムの歴史』(過去記事)を思い出した。しかし、このエリアから外れて少し歩くと、街の様子がみるみる変わる。殺伐としていく。そのギャップがもっとも強く印象に残った。日曜日の某ショップの周辺などはとくにそうだが、この街の華やかなエリアは書割り的でとても狭い。すぐにアラがみえてしまう。

先月のパリもそうだったが、この街でも中国人が目立っていた。仕事でも、声をかけると中国人だったり。日本人の存在がかすんでいるように思う。街で数回「ニーハオ」と声をかけられた。

*****

機内で観た映画: 『THE DEPARTED』、『CASINO ROYALE』

旅の間に読み終えた本: 『エレンディラ』
旅の間に読みかけた本: 『ジャージの二人』

旅の前に読み終えた本: 『対称性人類学』(失くしたと思ってたら出てきた)
旅の前に観た映画: 『魚と寝る女』
旅の前に買ったCD: 2枚

社用としてはかつてないほどの貧乏旅行だったが、なんとか無事に終えることができた。この先、この会社でどれだけのことができるだろう。思うことはいろいろと多い。


posted by Ken-U at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常のひとコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。おひさしぶりです。

いろいろ、生活周辺が変わってきているようですね。写真を見ているだけで、違う国の生活が垣間見えて、またKen-Uさんがどんなことを見てきたんだろうと考えをめぐらせられます。

普段は読んだことないのですが、「現代思想」という雑誌で、笙野頼子の特集を組んでいて、そこに星野智幸も寄稿していました。
それで、すぐにKen-Uさんを思い出しました。
こちらとの交流がきっかけで、星野智幸を好きになり、笙野頼子も読んでいます。
今ではどちらも大事な作家です。
自分の頭が悪いので、読んでもちゃんと理解していないかもしれないですけど;

旅の間もいろいろ本を読んでいたようで、頭が下がりました。
Posted by トーマス at 2007年03月22日 14:22
トーマスさん、おひさしぶりです。お元気ですか?

違う国といっても、いまの会社では団体行動が多く、現地契約スタッフが同行したりするので、海外のアウェーな雰囲気を実感しづらいんですよ。カフェで独りワインを飲んだときに初めて外国に来たという実感が湧きました。トルシエやオシムがいうように、アウェーのときはアウェーを実感する方がいいと思います。

ところで、笙野頼子の特集に星野智幸の寄稿ですか、それは興味深い組み合わせですね。ぼくの星野智幸に対する気持ちはけっこう複雑なんですが、それだけに彼は貴重な存在なんですよね。今度、書店でチェックしてみます。情報ありがとうございます。
Posted by Ken-U at 2007年03月22日 22:59
おっと、ミラノから帰国しましたね。

私は、先週末、この1か月の激務、日本の寒さで体がかなり弱っていたようで、風邪で寝込んでしまいました。あまりにも体が言うことをきかないから、いよいよ現実逃避型出社拒否症にかかったかと思いましたよ。

11日で帰国すべきではなかった・・・と
本当に後悔してます。

今はすっかり元気になりましたので、
また近々!

Posted by W at 2007年03月23日 23:41
向こうは毎日20度ほどで過ごしやすかったです。

ただ、疲れた...
帰宅した晩と、今日は12時間睡眠です。気絶するように寝てました。出張前もバタバタとしてたし。でもお互い弱ってきてるのかな(笑)

では近々よろしくお願いします。
Posted by Ken-U at 2007年03月24日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。