2005年05月23日

「ライフ・アクアティック」 人生は冒険である

life_aquatic1.jpg昨日はウェス・アンダーソン監督の「ライフ・アクアティック」を鑑賞(オフィシャル・サイト)。

彼は素晴らしい作家だということが再認識できた。この作品は、ある海洋探険家の物語であり、居場所のない人々の物語であり、映画監督の苦悩を描いた物語であり、断絶した父と息子が抱える愛憎の物語だった。そして笑いながら観ることのできる娯楽作品でもあった。

この作品に対するぼくの想いはうまくまとまらないけど、自分なりの雑感を極力ネタをばらさずに書いてみようと思う。とにかく観る価値のある作品だということは間違いない。

*****

海洋探検家でありドキュメンタリー作家でもあるスティーヴ・ズィスー。彼のドキュメンタリー製作をめぐる物語には、映画制作者であるウェス・アンダーソン自身が抱えている苦悩が投影されている。また、ズィスーは居場所のない孤独な男として描かれていて、このキャラクターにはウェス・アンダーソン自身と、(たぶん)彼の父親の姿が投影されているのではないかと思われる。彼が、彼の船ベラフォンテで行われているパーティを独り抜け出した時に、デヴィッド・ボウイの「Life On Mars?」が流れる。これで序盤から痺れてしまう。この作品にはデヴィッド・ボウイの「あの頃」の曲が効果的につかわれている。それもぼくのツボを刺激する。この「Life On Mars?」の歌詞の一部を引用しておこう。

Sailors fighting in the dance hall
Oh man! Look at those cavemen go
It's the freakiest show
Take a look at the Lawman
Beating up the wrong guy
Oh man! Wonder if he'll ever know
He's in the best selling show
Is there life on Mars?


*****

そしてズィスーのもとに、彼の息子であるらしい男ネッドが現れる。ネッドは、ズィスーと彼の元恋人との間に生まれた子供らしい。ズィスーはネッドをチーム・ズィスーに迎え入れ、「ジャガー・シャーク」探しの航海に出る。その幻の鮫は、彼の親友であり片腕でもあったエステバンを喰ったとされている。

この物語には、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」と同様に、子供を捨てた父親と息子の愛憎劇という側面がある。そして、その親子の関係は「ザ・ロイヤル…」以上に複雑なものになっているように感じた。

*****

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」と共通するテーマを持ちながらも、この作品から受ける印象は、「ザ・ロイヤル…」から受けるものとは異なっている。この「ライフ・アクアティック」が、海を舞台にした冒険の物語だというところがとても重要なんだろう。居場所のない男が海深く潜ることの意味。そしてスティーヴ・ズィスーは「チーム・ズィスー」や、自身に降りかかる諸々の面倒を全て引き受けようとする。

この作品においてウェス・アンダーソンは、自分の内的な世界から踏み出すこと、捨てられた息子であることを乗り越えること、そして人生(もしくは映画制作)という冒険にあらためて臨むということを宣言しているのかもしれない。

(関連記事:「ライフ・アクアティック」 This is an adventure/2005/06/25)


この記事へのコメント
TBさせていただきました。

独特のゆるい感覚と淡々としたビル・マーレーの演技。
奇妙な印象が残りました。
Posted by タウム at 2007年11月09日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

●「ライフ・アクアティック」観ました
Excerpt: 全編にうるさくない程度に流れる音楽が良かったです。私は知らなかったのですがデヴィド・ボーイのカバー曲だとか。黒人のミュージシャン(セウ・ジョルジ)がギターで弾いて歌っていたのですが、ボサノバ風だったり..
Weblog: kuzira☆くじらの読書と映画鑑賞と普通の日々
Tracked: 2005-05-25 22:23

ライフ・アクアティック
Excerpt: 監督:ウェス・アンダーソン 出演:ビル・マーレイ     オーウェン・ウィルソン     ケイト・ブランシェット     ウィレム・デフォー ベラフォンテ号乗りてぇ〜ッ! クレ..
Weblog: Saturday In The Park
Tracked: 2005-05-27 11:25

ライフ・アクアティック
Excerpt: わはは。なんだこりゃ。このすっとぼけた感じは大好きです! まだ他の方の感想は読んでないんですけど、 評判悪いかもしれませんね。結構ダラダラしてるし^^ 前半、乗組員のペレ(シティ・オ..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2005-06-03 17:35

■〔映画雑談Vol.4〕「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン篇」&『ライフ・アクアティック...
Excerpt: 皆さん、こんばんは?? さてさて、 脱力気味な時、気落ちしている時などに得がたい心的カンフル剤となってくれる(くれた)映画が僕には少なからずあります。 ―という訳で、今回は、 「脱..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2005-06-07 22:37

『ライフ・アクアティック』〜Address well-known〜
Excerpt: 『ライフ・アクアティック』   公式サイト   監督:ウェス・アンダーソン出演:ビル・マーレイ ケイト・ブランシェット   【あらすじ】(goo映画より)海洋..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-06-08 17:13

ライフ・アクアティック
Excerpt: THE LIFE AQUATIC WITH STEVE ZISSOU (2005年アメリカ) 2005/6/5@恵比寿ガーシネ あらすじは、特にないんですが。 筋のない映画と思った方がいい..
Weblog: befounddead
Tracked: 2005-06-11 02:41

『ライフ・アクアティック』
Excerpt: 『ライフ・アクアティック』公式サイト 監督:ウェス・アンダーソン 出演:ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、ケイト・ブランシェット    アンジェリカ・ヒューストン、ウィレム..
Weblog: Rabiovsky計画
Tracked: 2005-06-15 16:20

ライフ・アクアティック / The Life Aquatic With Steve Zissou (2005・米)
Excerpt: 洋風川口浩探検隊感動ヒューマンドラマ ★★★★☆ 118分/カラー 監督・脚本:ウェス・アンダーソン 音楽:マーク・マザースボウ 出演:ビル・マーレイ/オーウェン・ウィルソン/ケイト・ブ..
Weblog: HALa9000s CINEcolumn
Tracked: 2005-06-21 01:16

ライフ・アクアティック
Excerpt: 手に汗握るアクション映画もいいし、ゾーーー(ーー;)っと背筋が寒くなるホラー映画
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-06-27 01:27

ライフ・アクアティック(DVD)
Excerpt: CAST:ビル・マーレイ/オーウェン・ウエルソン/ケイト・ブランシェット 他 ■アメリカ産 118分 勝手にドタバタコメディだと思ってたら、そうじゃなかったみたい・・・。 登場人物すべての人が..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2005-10-23 13:36

ライフ・アクアティック(The Life Aquatic With Steve Zissou)
Excerpt: 監督 ウェス・アンダーソン 主演 ビル・マーレイ 2005年 アメリカ映画 118分 コメディ 採点★★★★ 『天才マックスの世界』『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』で、絵画の如く緻密に計算された構図..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-03-27 04:15

【洋画】ライフ・アクアティック
Excerpt: A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽4/配..
Weblog: ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
Tracked: 2006-07-10 16:13

オトボケ海洋冒険家  映画 「ライフ・アクアティック」
Excerpt: 「ライフ・アクアティック」 実に独特の映画でした。 全体的にゆるい感じ。切実さのかけらもない感じ。 一体、何なのか、ちょっと乗れませんでした。 ライフ・アクアティック ...
Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々
Tracked: 2007-11-09 17:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。